過去のJFLトピックス
(2010年10〜12月)


【トピックス一覧】

10/12/31 長野パルセイロ(北信越1部)公式サイト 長野パルセイロ、大橋、宇野沢ら14選手と契約更新
長野パルセイロは30日、以下の14選手と来季の契約を更新した、または契約を更新する予定となっていることを発表しました。

GK諏訪雄大、DF籾谷真弘、DF大島嵩弘、MF大橋良隆、MF塚本翔平、MF土橋宏由樹、MF麻生瞬、FW佐藤大典、FW宇野沢祐次、FW藤田信、DF高野耕平、MF栗原明洋、FW平石竜真、MF野澤健一。

10/12/31 ブラウブリッツ秋田公式サイト/
ガイナーレ鳥取公式サイト
ガイナーレ鳥取を退団の鈴木、小澤がブラウブリッツ秋田に移籍
ブラウブリッツ秋田は30日、ガイナーレ鳥取を今季限りで退団するMF24鈴木健児、FW29小澤竜己の2選手が来季より加入することを発表しました。

10/12/31 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FCの吉澤監督が来季も留任
松本山雅FCは30日、吉澤英生監督が来季も引き続き監督を務めることを発表しました。

10/12/31 町田ゼルビア公式サイト 町田ゼルビアの深津がJ2東京Vに移籍
町田ゼルビアは30日、DF5深津康太が来季よりJ2東京Vに完全移籍することを発表しました。

10/12/29 ブラウブリッツ秋田公式サイト ブラウブリッツ秋田の横山監督が来季も留任/
ブラウブリッツの中村が現役引退、コーチに専念
ブラウブリッツ秋田は29日、横山博敏監督が来季も引き続き監督を務めることを発表しました。

また、ブラウブリッツ秋田は併せて、GKコーチ兼選手のGK31中村宏紀が今季限りで現役を引退し、来季はGKコーチ専任になることを発表しました。

10/12/29 ブラウブリッツ秋田公式サイト J2柏の比嘉がブラウブリッツ秋田に期限付き移籍で加入
ブラウブリッツ秋田は29日、J2(来季よりJ1)柏のMF比嘉厚平(ひが・こうへい)が来季より期限付き移籍で加入することを発表しました。
移籍期間は現時点で発表されておりません。

10/12/29 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢の長谷部が期限付き移籍期間満了でJ1新潟に復帰
ツエーゲン金沢は29日、J1新潟より期限付き移籍中(来年1月31日まで)のMF16長谷部彩翔について、移籍期間満了をもって退団し、来季より新潟に復帰することを発表しました。

10/12/28 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FC、北村と契約更新
松本山雅FCは28日、MF7北村隆二と来季の契約を更新したことを発表しました。

10/12/28 長野パルセイロ(北信越1部)公式サイト 長野パルセイロの薩川監督が来季も留任
来季よりJFLに昇格する北信越リーグ1部の長野パルセイロは28日、薩川了洋(さつかわ・のりひろ)監督が来季も引き続き監督を務めることを発表しました。

10/12/28 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢を退団の川上がアルビレックスシンガポールに移籍
ツエーゲン金沢は28日、今季限りで退団するDF26川上典洋が、来季よりシンガポール国のアルビレックス新潟シンガポールに移籍することを発表しました。

10/12/28 カマタマーレ讃岐(四国リーグ)公式サイト カマタマーレ讃岐、綱田、神崎と契約更新
来季よりJFLに昇格する四国リーグ・カマタマーレ讃岐は27日、MF綱田大志と来季の契約を更新したことを発表しました。

また、カマタマーレ讃岐は28日、DF神崎亮佑と来季の契約を更新したことを発表しました。

10/12/28 町田ゼルビア公式サイト 町田ゼルビアの飯塚、期限付き移籍先のカマタマーレ讃岐に完全移籍
町田ゼルビアは27日、来季よりJFLに昇格する四国リーグ・カマタマーレ讃岐に期限付き移籍中(31日まで)のFW13飯塚亮(カマタマーレ讃岐ではMF登録)について、来季よりそのままカマタマーレ讃岐に完全移籍することを発表しました。

10/12/28 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢の木村が現役引退
ツエーゲン金沢は27日、DF6木村誠が退団し、今季限りで現役を引退することを発表しました。

10/12/28 ブラウブリッツ秋田公式サイト 仙台大学の大金、城西大学の高橋がブラウブリッツ秋田に加入
ブラウブリッツ秋田は27日、仙台大学のGK大金祐輔(おおがね・ゆうすけ)、城西大学のDF高橋理(たかはし・おさむ)の2選手の来季からの加入が内定したことを発表しました。

10/12/28 FC琉球公式サイト J1名古屋の佐藤がFC琉球に加入
FC琉球は27日、J1名古屋のMF佐藤将也(さとう・まさや=今季はJ2草津に期限付き移籍)が来季より完全移籍で加入することを発表しました。

10/12/25 V・ファーレン長崎公式サイト V・ファーレン長崎、井筒、杉山と契約更新/
J2熊本の山内、松岡がV・ファーレン長崎に加入
V・ファーレン長崎は24日、DF2井筒和之、MF20杉山琢也の2選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

また、V・ファーレン長崎は併せて、J2熊本のFW山内祐一(やまうち・ゆういち=2007年、当時JFLの熊本に所属)、MF松岡康暢(まつおか・やすのぶ=2006〜2007年、当時JFLの熊本に所属)の2選手が来季より加入することを発表しました。

10/12/25 FC琉球公式サイト FC琉球、森本、松田ら10選手と契約更新/
FC琉球の伊藤、期限付き移籍を延長し来季も在籍
FC琉球は24日、以下の10選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

GK1森本悠馬、MF8松田英樹、MF13小寺一生、FW14杉山洋一郎、DF15初田真也、FW16新川織部、DF19尹誠周、GK21新崎直哉、GK22溝ノ上一志、FW24田中靖大。

また、FC琉球は併せて、J2横浜FCより期限付き移籍中(来年1月1日まで)のDF5伊藤竜司について、期限付き移籍期間を延長し来季も引き続きFC琉球に在籍することを発表しました。
新しい移籍期間は2012年1月31日までです。

10/12/25 ガイナーレ鳥取公式サイト ガイナーレ鳥取、喜多、井上と契約更新
来季よりJ2のガイナーレ鳥取は24日、GK1井上敦史、DF32喜多靖の2選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

10/12/23 カマタマーレ讃岐(四国リーグ)公式サイト カマタマーレ讃岐、下松、吉澤ら9選手と契約更新
来季よりJFLに昇格する四国リーグ・カマタマーレ讃岐は22日、以下の9選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

DF相原央、MF中島健太、DF下松裕、MF吉澤佑哉、DF齋藤良平、MF田中紳太郎、DF波夛野寛、GK家木大輔、FW岡本秀雄。

10/12/23 ガイナーレ鳥取公式サイト ガイナーレ鳥取、実信、鶴見ら11選手と契約更新/
ガイナーレ鳥取の住田、期限付き移籍を延長し来季も在籍
来季よりJ2のガイナーレ鳥取は17日から22日にかけて、以下の11選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

(17日発表)DF3加藤秀典、MF7小井手翔太、MF17鶴見聡貴。
(20日発表)MF10実信憲明、DF23水本勝成、MF25奥山泰裕。
(21日発表)FW11阿部祐大朗、DF20冨山達行、MF28三浦旭人。
(22日発表)DF2尾崎瑛一郎、DF22森英次郎。

また、ガイナーレ鳥取は21日、J2大分より期限付き移籍中(来年1月31日まで)のFW19住田貴彦について、期限付き移籍期間を延長し来季も引き続きガイナーレ鳥取に在籍することを発表しました。
新しい移籍期間は2012年1月31日までです。

10/12/23 千葉(J2)公式サイト/
仙台(J1)公式サイト
ジェフリザーブズの越後監督が退任、仙台ユース監督に就任
J2千葉は22日、傘下のジェフリザーブズの越後和男監督が今季限りで退団することを発表しました。

また、J1仙台は22日、越後氏が来季より傘下のユースチームの監督に就任することを発表しました。

10/12/23 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢を退団の斎藤陽がアルビレックスシンガポールに完全移籍
ツエーゲン金沢は22日、J1横浜Mからの期限付き移籍を満了し退団するFW23斎藤陽介について、来季よりシンガポール国のアルビレックス新潟シンガポールに完全移籍することを発表しました。

10/12/23 FC琉球公式サイト J1神戸の我那覇がFC琉球に加入
FC琉球は21日、J1神戸のFW我那覇和樹(がなは・かずき=元日本代表)が来季より加入することを発表しました。

また、FC琉球は23日、我那覇の背番号が9に決定したことを発表しました。

10/12/23 横河武蔵野FC公式サイト 横河武蔵野FCの中村コーチが退団
横河武蔵野FCは21日、中村大輔コーチが今季限りで退団することを発表しました。

10/12/23 ソニー仙台FC公式サイト ソニー仙台FCの大久保が期限付き移籍期間満了でJ1仙台に復帰
ソニー仙台FCは21日、J1仙台より期限付き移籍中(来年1月31日まで)のFW17大久保剛志について、移籍期間満了をもって退団し、来季より仙台に復帰することを発表しました。

10/12/21 JFL公式サイト アルテ高崎、入替戦に勝利し来季JFL残留が決定
11日・19日にJFL入替戦が行われました。
この結果、アルテ高崎が全国地域サッカーリーグ決勝大会3位の関西リーグ1部・三洋電機洲本に勝利したため、アルテ高崎の来季のJFL残留が決定しました。
入替戦の実施はJFL史上6回目ですが、JFLチームが勝利し残留したのは2002年のジヤトコ以来2回目となります。
また、アルテ高崎は2003年の入替戦での勝利によってJFLに昇格しており(当時は群馬FCホリコシ)、JFL史上初めて入替戦に2回勝利したチームとなりました(そもそも同一チームが2回出場すること自体が史上初です)。

また、敗れた三洋電機洲本は関西リーグ1部残留が決定しました。

これで、来季のJFL参加チームは全て確定しました。
来季の第13回JFLは、今季の18チームからガイナーレ鳥取がJリーグ加盟のため、流通経済大学FCが成績不良による降格のため、それぞれ脱退し、代わってカマタマーレ讃岐、長野パルセイロを加えた18チームで行われます。

なお、当スタジアムでは、「ルール・凡例」に記載のとおり、脱退する2チームも来年1月1日まではJFL所属クラブとして扱いますが、これら2チームの来季に関する情報については、JFLに関する情報ではないため、別の意味で今季のJFLに関するものでない限り本トピックスには掲載しません。
同様に、来季より昇格する2チームの今季に関する情報も、JFLに関する情報ではないため、別の意味でJFLに関するものでない限り本トピックスには掲載しません。

10/12/21 FC琉球公式サイト/
ブラウブリッツ秋田公式サイト
FC琉球の芳賀コーチが退団、ブラウブリッツ秋田の強化部長に就任
FC琉球は20日、芳賀敦(はが・あつし)コーチが今季限りで退団することを発表しました。

また、ブラウブリッツ秋田は20日、芳賀氏が来季より強化部長兼育成ダイレクターに就任することを発表しました。

10/12/21 松本山雅FC公式サイト 佐川印刷SCを退団の塩沢が松本山雅FCに移籍/
J2水戸の片山が松本山雅FCに加入/
J2岡山の宮田が松本山雅FCに期限付き移籍で加入
松本山雅FCは18日、佐川印刷SCを退団したFW19塩沢勝吾、J2水戸のFW片山真人(かたやま・まさと)の2選手が来季より加入することを発表しました。
片山は2007年に松本山雅FC(当時北信越リーグ1部)に所属しており、4年ぶりのチーム復帰となります。

また、松本山雅FCは併せて、J2岡山のMF宮田直樹(みやた・なおき)が来季より期限付き移籍で加入することを発表しました。
移籍期間は現時点で発表されておりません。

10/12/21 カマタマーレ讃岐(四国リーグ)公式サイト/
ブラウブリッツ秋田公式サイト
カマタマーレ讃岐がJリーグ準加盟を申請/
ブラウブリッツ秋田、来年1月のJリーグ準加盟申請を断念、2012年のJリーグ加盟は見送りに
来季よりJFLに昇格する四国リーグのカマタマーレ讃岐は18日、同日にJリーグに準加盟申請書類を郵送したことを発表しました。
準加盟の可否は2月のJリーグ理事会で審議される見通しです。

また、ブラウブリッツ秋田は17日、来年1月に行う計画だったJリーグへの準加盟申請を断念することを発表しました。

現行の規程では、Jリーグに新規加盟するためには、その前年の1月10日(※)までに準加盟申請を済ませること(または同日時点で既に準加盟承認を受けていること)が必須であり、これによりブラウブリッツ秋田が2012年シーズンにJリーグに加盟する可能性は無くなりました。


(※)Jリーグ準加盟規程第5条にはこのように明記されておりますが、前例にしたがえば、1月10日が土曜や休日の場合は直後の平日に繰り下がると思われます。したがって、2012年からのJリーグ加盟の可能性を残すためには、遅くとも来年1月11日までの申請が必須となります。

10/12/17 ブラウブリッツ秋田公式サイト ブラウブリッツ秋田の小野、高橋が退団
ブラウブリッツ秋田は17日、GK1小野聡人、DF2高橋臣徳の2選手が今季限りで退団することを発表しました。
2選手はTDK株式会社から出向してブラウブリッツ秋田に参加しており、出向終了ということになります。

10/12/17 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FC、今井と契約更新
松本山雅FCは17日、MF6今井昌太と来季の契約を更新したことを発表しました。

10/12/17 MIOびわこ草津公式サイト MIOびわこ草津の安里、中Mが現役引退
MIOびわこ草津は16日、MF8安里晃一が今季限りで現役を引退することを発表しました。

また、MIOびわこ草津は17日、MF20中M雅之が今季限りで現役を引退することを発表しました。

10/12/17 MIOびわこ草津公式サイト MIOびわこ草津の田中ら3選手が退団
MIOびわこ草津は16日、GK22若月翔太、MF24田中大輔、MF25オリバー・ウェルマンの3選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/12/17 松本山雅FC公式サイト J2横浜FCの久富が松本山雅FCに加入
松本山雅FCは16日、J2横浜FCのMF久富賢(ひさとみ・けん)が来季より加入することを発表しました。

10/12/17 横河武蔵野FC公式サイト 横河武蔵野FCの安東が退団
横河武蔵野FCは15日、MF24安東利典が今季限りで退団することを発表しました。

10/12/17 ガイナーレ鳥取公式サイト ガイナーレ鳥取を退団の赤尾、釜田が現役引退
ガイナーレ鳥取は15日、今季限りで退団するMF18赤尾公、FW27釜田佳吾の2選手について、このまま現役を引退することを発表しました。
なお、赤尾はクラブスタッフに就任します。

10/12/17 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢の田中俊が退団
ツエーゲン金沢は15日、FW10田中俊也が今季限りで退団することを発表しました。

10/12/17 町田ゼルビア公式サイト 町田ゼルビアの来季監督にポポヴィッチ氏が就任
町田ゼルビアは15日、来季の監督に、J1(当時、現J2)大分で昨季監督を務めたセルビア・オーストリア国籍のランコ・ポポヴィッチ氏が就任することを発表しました。

10/12/15 MIOびわこ草津公式サイト MIOびわこ草津の石澤が現役引退
MIOびわこ草津は14日、DF15石澤典明が今季限りで現役を引退することを発表しました。

10/12/15 カマタマーレ讃岐(四国リーグ)公式サイト カマタマーレ讃岐の北野監督が来季も留任
来季よりJFLに昇格する四国リーグのカマタマーレ讃岐は13日、北野誠(きたの・まこと)監督が来季も引き続き監督を務めることを発表しました。

10/12/15 大分合同新聞公式サイト V・ファーレン長崎で引退の川崎が指導者に転身
大分合同新聞公式サイトの11日付報道によると、今季限りで引退したV・ファーレン長崎のMF10川崎元気が、来年2月より大分県の私立大分中学校のサッカー部監督に就任することが明らかになりました。
川崎は同中学校を運営する学校法人大分高等学校の職員となります。
川崎は同法人傘下の私立大分高校の卒業生です。
【本項情報提供元=匿名の方:ありがとうございます】

10/12/15 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FC、鐡戸、阿部ら11選手と契約更新/
松本山雅FCに期限付き移籍中の弦巻、飯田が完全移籍で加入
松本山雅FCは13日、以下の11選手と来季の契約を更新したことを発表しました。

DF2玉林睦実、MF4小松憲太、FW9木村勝太、DF16鐡戸裕史、GK18石川扶、DF19阿部琢久哉、MF20須藤右介、GK21山本剛、DF22佐藤由将、DF23多々良敦斗、FW24木島徹也。

また、松本山雅FCは併せて、J2東京Vから期限付き移籍中(来年1月31日まで)のMF28弦巻健人、DF29飯田真輝の2選手について、来季よりそのまま完全移籍で加入することを発表しました。

10/12/15 ツエーゲン金沢公式サイト/
湘南(J1)公式サイト
ツエーゲン金沢の林、期限付き移籍元のJ1湘南から戦力外通告、ツエーゲン金沢も退団
J1湘南は13日、ツエーゲン金沢に期限付き移籍中(31日まで)のMF24林慧と来季の契約を結ばないことを発表しました。

また、ツエーゲン金沢は13日、林が移籍期間満了をもって退団することを発表しました。
進路は現時点で未定です。

10/12/15 FC琉球公式サイト FC琉球の新里監督が来季も留任/
FC琉球の中村が退団
FC琉球は13日、新里裕之監督が来季も引き続き監督を務めることを発表しました。

また、FC琉球は併せて、MF10中村友亮が今季限りで退団することを発表しました。

10/12/12 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FCの柿本が現役引退
松本山雅FCは12日、FW10柿本倫明が今季限りで現役を引退することを発表しました。
今後はクラブスタッフに就任します。

10/12/11 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FC、小林に戦力外通告
松本山雅FCは11日、FW11小林陽介と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/12/11 V・ファーレン長崎公式サイト V・ファーレン長崎の幸野屋がデッツォーラ島根に移籍
V・ファーレン長崎は10日、MF34幸野屋敏行が来季より中国リーグ・デッツォーラ島根に移籍することを発表しました。

10/12/09 町田ゼルビア公式サイト/
川崎(J1)公式サイト
町田ゼルビアの相馬監督が退任、来季はJ1川崎の監督に就任
町田ゼルビアは9日、相馬直樹監督が今季限りで退任することを発表しました。
後任は現時点で未定です。

また、J1川崎は9日、相馬氏が来季より監督に就任することを発表しました。

10/12/09 松本山雅FC公式サイト/
岡山(J2)公式サイト
松本山雅FCの武田、期限付き移籍元のJ2岡山から戦力外通告、松本山雅FCも退団
J2岡山は9日、傘下の中国リーグ・ファジアーノ岡山ネクストから松本山雅FCに期限付き移籍中(来年1月31日まで)のFW27武田英明と来季の契約を結ばないことを発表しました。

また、松本山雅FCは9日、武田が移籍期間満了をもって退団することを発表しました。
進路は現時点で未定です。

10/12/09 JFL公式サイト 第12回JFL表彰式開催、最優秀選手はガイナーレ鳥取の服部
JFLは8日、今季の表彰式を行い、各賞の受賞チーム・受賞者を以下のように発表しました。 町田ゼルビア、ブラウブリッツ秋田からは、それぞれチーム史上初めてのベストイレブン受賞となります。
石井はJFL史上最多の7回目のベストイレブン受賞となります。
御給はJFL史上初の2回目の得点王獲得となります。

10/12/09 JFL公式サイト カマタマーレ讃岐、長野パルセイロの来季JFL昇格が正式に決定
JFLは8日、理事会を開き、来季の新規昇格チームについて審議しました。
昇格権は第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会優勝のカマタマーレ讃岐(香川県高松市)、準優勝のAC長野パルセイロ(長野県長野市)が保有しており、審議の結果、両チームのJFL昇格が承認され、正式に決定しました。

カマタマーレ讃岐は少なくともJリーグ発足以降では(おそらく日本サッカー史上でも)初めての香川県からの全国リーグ参戦クラブで、四国リーグからは愛媛FC以来10年ぶりの新規JFLクラブとなり、来季は6シーズンぶりに四国地域のJFLクラブが復活することになります(2005年シーズン限り脱退の愛媛FC以来)。
長野パルセイロは長野県からは松本山雅FCに続き2年連続の新規JFLクラブとなります。2年連続で同じ都道府県から新規JFLクラブが誕生するのは10年ぶり(富山県のアローズ北陸・YKK AP以来)となり、来季はJFLクラブを複数持つ都道府県が東京都・滋賀県と合わせて3都県になります。

来季の第13回JFLは、今季の18チームからガイナーレ鳥取がJリーグ加盟のため、また流通経済大学FCが成績不良による降格のため脱退し、代わって今回承認された2チームを加え、さらに入替戦で三洋電機洲本がアルテ高崎に勝利した場合はこの両チームを入れ替えて、18チームで行われます。

10/12/09 V・ファーレン長崎公式サイト V・ファーレン長崎の川崎が現役引退
V・ファーレン長崎は8日、MF10川崎元気が今季限りで現役を引退することを発表しました。
【本項情報提供元=匿名の方:ありがとうございます】

10/12/06 JFL公式サイト JFL入替戦の日程・試合方式が決定
JFLは6日、来季のJFL参戦権をかけてアルテ高崎と関西リーグ1部・三洋電機洲本が対戦するJFL入替戦について、日程および試合方式が決定したことを発表しました。
日程は以下のとおりです。
また、試合方式は昨年の入替戦と全く同じです。具体的には以下のとおりです。
上記試合方式からわかるように、ホーム&アウェー方式で採用されることがある、いわゆる「アウェーゴール2倍制」は適用されませんのでご注意ください。2試合の総得点が同点であれば、そのスコアに関係なく、延長戦を行うことになります。
なお、2試合とも無料試合として行われます。

この入替戦の勝者となったチームが来季の第13回JFLに参戦し、敗者は来季は地域リーグ所属となります。

10/12/06 FC琉球公式サイト/
栃木ウーヴァFC公式サイト
栃木ウーヴァFCの高橋がFC琉球に移籍
FC琉球は6日、栃木ウーヴァFCのFW11高橋駿太が来季より加入することを発表しました。

10/12/06 ツエーゲン金沢公式サイト ツエーゲン金沢、豊田、高橋、川上に戦力外通告/
ツエーゲン金沢の斎藤陽、挽地が期限付き移籍期間満了で退団/
ツエーゲン金沢の栗本GKコーチが退団
ツエーゲン金沢は4日、DF2豊田和斗、MF25高橋良太、DF26川上典洋の3選手と来季の契約を結ばないこと、および、J1横浜Mから期限付き移籍中のFW23斎藤陽介、J2徳島から期限付き移籍中のMF28挽地祐哉の2選手が移籍期間満了(ともに来年1月31日まで)をもって退団することを発表しました。
なお既報のとおり、斎藤、挽地はそれぞれの移籍元のチームからも戦力外通告を受けています。

また、ツエーゲン金沢は併せて、強化部長兼GKコーチの栗本直氏が今季限りで退団することを発表しました。

10/12/06 V・ファーレン長崎公式サイト V・ファーレン長崎の南、田中が退団
V・ファーレン長崎は4日、FW6田中将平、DF18南祐三の2選手が今季限りで退団することを発表しました。

10/12/06 ブラウブリッツ秋田公式サイト J2大分の小林がブラウブリッツ秋田に加入
ブラウブリッツ秋田は3日、J2大分のDF小林宏之(こばやし・ひろゆき)が来季より加入することを発表しました。
小林は2007年に、ブラウブリッツ秋田の前身にあたるTDK SCに在籍しており、4シーズンぶりの復帰となります。

10/12/06 ブラウブリッツ秋田公式サイト ブラウブリッツ秋田、池田、岡本、佐藤に戦力外通告、岡本は現役引退/
ブラウブリッツの富永が現役引退、兼任していたコーチも退任し退団
ブラウブリッツ秋田は2日、MF8池田昌広、DF23岡本彰泰、MF27佐藤和旗の3選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。
このうち、岡本は現役を引退します。

また、ブラウブリッツ秋田は併せて、コーチ兼任選手だったDF22富永英明が今季限りで現役を引退し、コーチも退任して退団することを発表しました。

10/12/06 V・ファーレン長崎公式サイト V・ファーレン長崎、原田、福嶋ら15選手に戦力外通告
V・ファーレン長崎は2日、以下の15選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

DF4加藤寿一、MF7大塚和征、DF8久留貴昭、FW9宮尾勇輝、MF11竹村栄哉、MF14原田武男、MF15長正之、DF19梶原公、FW23福嶋洋、DF24伝庄優、MF25阿部博一、FW27佐藤陽介、GK30島並貴樹、FW31北川慶、FW33森田浩史。

10/12/06 佐川印刷SC公式サイト 佐川印刷SCの大坪が現役引退、塩沢、中井ら6選手が退団
佐川印刷SCは1日、FW18大坪博和が今季限りで現役を引退すること、および、以下の6選手が今季限りで退団することを発表しました。

MF2濱屋祐輝、DF4樋口大輝、MF10中井義樹、MF14櫛田一斗、FW19塩沢勝吾、DF29山形雄介。

10/12/05 JFA公式サイト 三洋電機洲本がJFL入替戦出場権を獲得、アルテ高崎と対戦へ
5日の第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド最終日の結果により、関西リーグ1部の三洋電機洲本が同大会の3位チームとなりました。
この大会の3位チームには来季JFLへの参戦権を争うJFL入替戦への出場権が与えられることが既に決まっており、これにより三洋電機洲本はJFL入替戦への出場権を獲得しました。
対戦相手はアルテ高崎となります。

入替戦の日程、大会方式等は現時点で未定です。発表があり次第、本トピックスにも再掲します。
例年どおりであれば、両チームによるホーム&アウェー方式の2試合制で行われることになります。

10/12/05 JFA公式サイト カマタマーレ讃岐、AC長野パルセイロがJFL昇格権を獲得
5日の第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド最終日の結果により、四国リーグのカマタマーレ讃岐が同大会の優勝チーム、北信越リーグ1部のAC長野パルセイロが準優勝チームとなりました。
この大会の上位2チームには来季JFLへの昇格権が与えられることが既に決まっており、これによりカマタマーレ讃岐、AC長野パルセイロは来季のJFLへの昇格権を獲得しました。

なお、両チームのJFL昇格については、8日に行われるJFL理事会で正式に決定されます。

10/12/01 町田ゼルビア公式サイト 町田ゼルビア、雑賀、石堂、蒲原ら9選手に戦力外通告
町田ゼルビアは1日、以下の9選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

DF4雑賀友洋、MF8石堂和人、MF10蒲原達也、DF18齋藤貴之、DF19永野諒、MF20半田武嗣、GK21渡辺彰宏、DF25鈴木祐輔、GK31白子哲平。

10/12/01 松本山雅FC公式サイト 松本山雅FC、石田、本田、小澤ら10選手に戦力外通告
松本山雅FCは1日、以下の10選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

GK1原裕晃、DF3山崎透、MF5斎藤智閣、MF8小澤修一、FW13石田祐樹、MF14竹内優、MF15高沢尚利、MF17本田真吾、MF25大西康平、DF26大島翼。

10/12/01 東京V(J2)公式サイト 松本山雅FCの飯田、期限付き移籍元のJ2東京Vから戦力外通告
J2東京Vは11月30日、松本山雅FCに期限付き移籍中(来年1月31日まで)のDF29飯田真輝と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/12/01 横浜M(J1)公式サイト ツエーゲン金沢の斎藤陽、期限付き移籍元のJ1横浜Mから戦力外通告
J1横浜Mは11月30日、ツエーゲン金沢に期限付き移籍中(来年1月31日まで)のFW23斎藤陽介と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/12/01 ガイナーレ鳥取公式サイト ガイナーレ鳥取、小澤、釜田ら7選手に戦力外通告
ガイナーレ鳥取は11月30日、以下の7選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

DF4柴村直弥(来年1月31日まで東海リーグ1部・shizuoka.藤枝MYFCに期限付き移籍中)、DF16中山友規、MF18赤尾公、GK21太田弦貴、MF24鈴木健児、FW27釜田佳吾、FW29小澤竜己。

10/11/29 JFL公式サイト ジェフリザーブズの来季JFL残留が確定/
アルテ高崎のJFL入替戦出場が確定
29日にガイナーレ鳥取の来季からのJリーグ新規加盟および今季限りでのJFL脱退が決定しました。

これにより、第12回JFLの大会規程にしたがい、JFL入替戦出場の可能性を残していたジェフリザーブズの来季JFL残留、および、アルテ高崎のJFL入替戦への出場が確定しました。

来季のJFLは、今季JFL16位以上のうちガイナーレ鳥取を除いた15チーム、第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の上位2チーム、アルテ高崎と同決勝大会3位チームとで行われるJFL入替戦の勝者の計18チームで行われます。
なお、JFL入替戦の日程や試合形式については現時点で明らかになっていませんが、前例にしたがえば、ホーム&アウェー方式による2試合制で行われる見込みです。

10/11/29 Jリーグ公式サイト ガイナーレ鳥取の来季からのJリーグ新規加盟が決定
Jリーグは29日、臨時の理事会を開き、9月にJリーグへの新規加盟を申請したガイナーレ鳥取、松本山雅FCについて、新規加盟の可否を審議しました。
その結果、成績面での条件を満たしたガイナーレ鳥取について、Jリーグは経営環境など他の条件も満たしていると判断し、新規加盟・来季のJリーグ2部参戦を承認しました。
今季新規加盟した北九州に続く4季連続のJクラブ誕生で、これで来季のJクラブの総数は1部18、2部20の合計38となります。

また、松本山雅FCについては、成績面の条件が満たされていないため、既に確定しているとおり非承認となりました。

これにより、ガイナーレ鳥取の今季限りでのJFL脱退が決定しました。
ガイナーレ鳥取は2001年にSC鳥取としてJFLに参入し、在籍期間は10年でした。

なお、当スタジアムでは、「ルール・凡例」に記載のとおり、ガイナーレ鳥取も来年1月1日まではJFL所属クラブとして扱いますが、来季に関する情報についてはJクラブについての情報となるため、別の意味で今季のJFLに関するものでない限り本トピックスにはこれ以降掲載しません。

10/11/29 徳島(J2)公式サイト ツエーゲン金沢の挽地、期限付き移籍元のJ2徳島から戦力外通告
J2徳島は29日、ツエーゲン金沢に期限付き移籍中(来年1月31日まで)のMF28挽地祐哉と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/11/28 JFL公式サイト 来季の第13回JFL開幕は3月中旬の予定
JFLは28日、公式サイトで、シーズン終了にあたっての桑原勝義理事長のコメントを発表しました。
この中で、来季の第13回JFLの開幕が3月中旬になる予定であることが明らかになりました。

来年3月中旬にある土曜・休日は3月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)の4日であり、このうちのいずれかが開幕日になると思われます。

10/11/28 JFL公式サイト アルテ高崎、自動残留の可能性消える/
ジェフリザーブズ、シーズン終了時点での残留決定ならず
28日の試合結果により、ジェフリザーブズ、アルテ高崎の今季最終成績がそれぞれ16位、17位となりました。

今季のJFL所属チームのうち、来季Jリーグに加盟する可能性を残しているのはガイナーレ鳥取のみです。
また、これ以外に自主的にJFLを脱退する意思のあるチームはありません。
第12回JFLの大会規程では、Jリーグ加盟を含めてJFL脱退チームが1チームの場合は、今季17位のチームは入替戦に出場することになり、これに勝利しない限り来季JFLに残留すること(自動残留)はできません。
また、JFL脱退チームがない場合は、今季17位のチームは地域リーグに降格し、今季16位のチームが入替戦に出場します。

したがって、アルテ高崎が来季JFLに自動残留することは不可能になりました。
また、ジェフリザーブズは現時点で来季JFLへの残留を決定することができませんでした。

ガイナーレ鳥取の来季Jリーグ加盟については、29日のJリーグ臨時理事会で可否が決定されます。
承認された場合、その時点で、ジェフリザーブズの残留と、アルテ高崎の入替戦出場が決定します。
承認されなかった場合は、アルテ高崎は関東リーグ1部へ降格となり、ジェフリザーブズが入替戦に出場します。
なお、アルテ高崎、ジェフリザーブズのどちらが入替戦に出場する場合でも、対戦相手は第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の3位チーム(12月5日に決定)となります。

10/11/28 JFL公式サイト 栃木ウーヴァFCの来季JFL残留が確定
28日の試合結果により、栃木ウーヴァFCの今季最終成績が15位となりました。
これにより、栃木ウーヴァFCの来季のJFL残留が確定しました。

10/11/27 FC琉球公式サイト FC琉球、秦ら3選手に戦力外通告
FC琉球は26日、MF7秦賢二、MF18堀池勇平、MF25金子慎二の3選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/11/27 横河武蔵野FC公式サイト 横河武蔵野FCの村山、立花が現役引退
横河武蔵野FCは25日、DF5立花由貴、FW9村山浩史の2選手が今季限りで現役を引退することを発表しました。

10/11/27 ブラウブリッツ秋田公式サイト ブラウブリッツ秋田の横山、小沢ら4選手が現役引退
ブラウブリッツ秋田は24日、DF4小沢征敏、FW18横山聡、DF19岩瀬浩介の3選手が今季限りで現役を引退することを発表しました。

また、ブラウブリッツ秋田は26日、DF14井上雄幾が今季限りで現役を引退することを発表しました。

10/11/25 JFL公式サイト 後期第17節出場停止選手
後期第17節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
※11/27追記…掲載時点では未確認情報でしたが、11/25にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。

10/11/23 FC琉球公式サイト FC琉球、飯島、関に戦力外通告
FC琉球は23日、DF3飯島槙、MF20関隆倫の2選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/11/23 ソニー仙台FC公式サイト ソニー仙台FCの高野、町田ら7選手が今季限りで退団
ソニー仙台FCは22日、以下の7選手が今季限りで退団することを発表しました。

MF10高野和隆、FW11町田多聞、MF16今田傑、DF18木村孝次、FW23三浦直貴、DF26天羽良輔、GK32根本翔。

7選手とも今後の進路は現時点で不明です。

10/11/23 JFA公式サイト 天皇杯、準々決勝以降の会場・時刻発表
JFAは19日、12月25日に予定されている天皇杯準々決勝全4試合、12月29日に予定されている準決勝全2試合について、未定となっていた試合会場および開始時刻を発表しました。
また、来年1月1日に予定されている決勝戦について開始時刻を発表しました。
発表された内容は「天皇杯関連情報集」に反映しています。
なお、JFL勢は既に全て敗退しているため、本発表はJFL勢には関係ありません。

10/11/21 JFL公式サイト 流通経済大学FC、成績不良によりJFL脱退
既報のとおり、21日に松本山雅FCの来季のJリーグ加盟の可能性が消滅しました。
この結果、来季Jリーグ加盟の可能性を残すのはガイナーレ鳥取のみとなりました。
また、これ以外にJFLを自主脱退するチームは無い見通しです。
第12回JFLの大会規程では、Jリーグ加盟を含めてJFL脱退チームが1チーム以下の場合は、今季18位のチームは来季JFLに残留することはできず、地域リーグへ降格します。

これにより、既に今季18位が確定している流通経済大学FCの、JFL脱退が確定しました。
成績不良によりJFL脱退に追い込まれたのは、昨季限りで脱退となったFC刈谷以来、史上7チーム目となります。
特に、入替戦を経ることなく脱退(いわゆる自動降格)となるのは、2002年限りで降格したアルエット熊本とプロフェソール宮崎以来、8年ぶり3チーム目となります。
流通経済大学FCは2005年にJFLに参入し(当時は流通経済大学)、JFL参戦期間は6年間でした。

なお、流通経済大学FCは大学チームとして、地域リーグからの昇格ではない形でJFLに参入しましたが、現在は社会人チームであるため、来季はおそらくは関東リーグ1部へ降格となると思われます。

10/11/21 JFL公式サイト 松本山雅FC、来季のJリーグ加盟の可能性消える
21日の試合結果により、松本山雅FCが今季最終成績で4位以上に入る可能性が完全に無くなりました。
松本山雅FCは来季のJリーグ入会へ向けて加盟申請を行っていましたが、Jリーグ規約第20条の2の3に、Jリーグ入会の条件としてJFL4位以内であることが明記されており、これを満たせなくなったことから、松本山雅FCの加盟申請は承認されないことが確定し、来季のJリーグ加盟の可能性は無くなりました。

今後、松本山雅FCは(状況の変化があって、現在満たしているJリーグ準加盟の資格要件を満たさなくなった場合を除き)Jリーグ準加盟の資格を引き続き保持し、2012年シーズン以降のJリーグ加盟を目指すことになります。

10/11/21 FC琉球公式サイト FC琉球、山下に戦力外通告
FC琉球は20日、FW9山下芳輝と来季の契約を結ばないことを発表しました。

10/11/17 JFL公式サイト 後期第16節出場停止選手
後期第16節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
また、MIOびわこ草津の東広樹ヘッドコーチが、前節に引き続きベンチ入り停止となります。
※11/20追記…掲載時点では未確認情報でしたが、11/18にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。

10/11/13 JFL公式サイト 流通経済大学FC、自動残留の可能性消える
13日の試合結果により、流通経済大学FCの今季最終成績が18位(最下位)となることが確定しました。

今季のJFL所属チームのうち、来季Jリーグに加盟する可能性を残しているのはガイナーレ鳥取、松本山雅FCの2チームのみです。
また、これ以外にJFLを脱退する意思のあるチームは今のところ発表されていないため、無いものと思われます。
第12回JFLの大会規程では、Jリーグ加盟を含めてJFL脱退チームが2チーム以下の場合は、今季18位のチームは入替戦無しで来季JFLに残留すること(自動残留)はできません。

したがって、今後JFL自主脱退チームが発生しない限り、流通経済大学FCが来季JFLに自動残留することは不可能になりました。
流通経済大学FCが来季JFLに残留できるのは、ガイナーレ鳥取と松本山雅FCがともにJリーグに加盟し、そのために入替戦出場権を得てこれに勝利した場合のみです。
ガイナーレ鳥取と松本山雅FCのうち一方でもJリーグ加盟を逃した場合は、入替戦出場権も獲得できなくなり、無条件で関東リーグ1部に降格(自動降格)することになります。

10/11/11 JFL公式サイト 後期第15節出場停止選手
後期第15節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
また、MIOびわこ草津の東広樹ヘッドコーチが、後期第14節での侮辱行為による退席処分により、後期第16節まで2試合のベンチ入り停止となります。
※11/11追記…掲載時点では未確認情報でしたが、11/11にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。併せて東ヘッドコーチについての情報を追加しました。

10/11/07 JFL公式サイト ホンダロック、MIOびわこ草津の来季JFL残留が確定
7日の試合結果により、ホンダロック、MIOびわこ草津の今季最終成績が15位以上となることが確定しました。
これにより、両チームの来季のJFL残留が確定しました。

10/11/02 JFL公式サイト 後期第14節出場停止選手
後期第14節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
※11/5追記…掲載時点では未確認情報でしたが、11/4にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。

10/10/31 JFL公式サイト ツエーゲン金沢、横河武蔵野FC、ソニー仙台FCの来季JFL残留が確定
31日の試合結果により、ツエーゲン金沢、横河武蔵野FC、ソニー仙台FCの今季最終成績が15位以上となることが確定しました。
これにより、これら3チームの来季のJFL残留が確定しました。

なお、現時点で降格の危険性を残しているのはホンダロック、MIOびわこ草津、アルテ高崎、栃木ウーヴァFC、ジェフリザーブズ、流通経済大学FCの6チームです。
ただし、ホンダロックとMIOびわこ草津は16位以上が確定しているため、入替戦無しでの自動降格となる可能性はありません。

10/10/28 ガイナーレ鳥取公式サイト ガイナーレ鳥取に2種登録の西尾が来季より正式加入
ガイナーレ鳥取は27日、傘下のユースチームに所属しガイナーレ鳥取に2種登録しているMF西尾崚(背番号無し)について、今季限りで卒業するのにともない、来季よりトップチームに正式加入することが内定したことを発表しました。

10/10/28 FC琉球公式サイト 東福岡高校の松内がFC琉球に加入
FC琉球は26日、東福岡高校のMF松内徹(まつうち・とおる)が加入することを発表しました。

なお、今季の登録期間(登録ウインドー)は既に終了しており、松内は現在高校3年生であるため、通常であれば今季中に松内を選手登録することはできません。
しかし調査した結果、松内は7月時点で東福岡高校での登録を抹消している模様であり、これが事実であれば登録ウインドーの例外を適用してFC琉球に選手登録することが可能です。

(参考:登録ウインドーの例外)
(1)GKが怪我などにより試合に出場できなくなったため、代わりのGKの登録を希望して、リーグが認めた場合。
(2)リーグ規程により、JFAに当該チームの選手として登録することなく試合に出場できる場合。JFLではいわゆる2種登録がこれにあたる。
(3)直前のウインドー終了時点以降ずっと無所属の選手を登録する場合。

10/10/26 JFL公式サイト 後期第13節出場停止選手
後期第13節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
※10/29追記…掲載時点では未確認情報でしたが、10/28にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。併せて松尾に関する情報を追加しました。

10/10/24 JFL公式サイト ガイナーレ鳥取、第12回JFL優勝
24日の試合結果により、ガイナーレ鳥取の第12回JFL優勝が確定しました。
ガイナーレ鳥取は初優勝で、JFL史上6チーム目の優勝経験チームとなります。
また、10月24日の優勝決定は2000年(第2回)の横浜FC以来史上2番目の早さで、5試合を残しての優勝決定は史上最も早い記録となります。

謹んでお祝い申し上げます。おめでとうございます。

10/10/24 JFL公式サイト 佐川印刷SCの来季JFL残留が確定
24日の試合結果により、佐川印刷SCの今季最終成績が15位以上となることが確定しました。
これにより、佐川印刷SCの来季のJFL残留が確定しました。

10/10/21 JFA公式サイト 地域サッカーリーグ決勝大会の組み合わせ・日程決定、辞退チームは無く出場全12チームが確定
JFAは21日、11月21日に開幕する第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の組み合わせ・試合日程が決定したこと、およびその内容を発表しました。
発表された内容は地域サッカーリーグ決勝大会情報集に記載します。

なお、出場辞退チームは無く、同大会の出場チームは既報のとおりの12チームで確定しました。

10/10/21 日本海新聞公式サイトなど ガイナーレ鳥取がJリーグ加盟に向けたヒアリング受ける、加盟の可否決定は11月29日に
日本海新聞公式サイトなどの21日付報道によると、Jリーグは20日、ガイナーレ鳥取から提出された来季からのJリーグ加盟申請について、鳥取市内でのヒアリングを行いました。
この中で、Jリーグの佐々木一樹常務理事は、「昇格を妨げるものはない」と発言し、J2参入後を見据えて、クラブハウスを備えた専用練習場の確保や財務基盤の体制づくりなどを求めたとのことです。

また、この報道の中で、加盟の可否を最終決定するJリーグの臨時理事会が11月29日に開催されることが明らかになりました。

10/10/20 JFL公式サイト 後期第12節出場停止選手
後期第12節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
※10/21追記…掲載時点では未確認情報でしたが、10/21にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。

10/10/18 JFA公式サイト 福島ユナイテッド、さいたまSCが地域サッカーリーグ決勝大会出場権を獲得、出場全12チームが確定
東北リーグ1部の福島ユナイテッドFCは18日、第46回全国社会人サッカー選手権大会の準々決勝の試合に勝利し、準決勝に進出しました。

併せて準決勝に進出したチームは、既に第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会への出場権を地域リーグ枠で得ているAC長野パルセイロ(北信越リーグ1部)、カマタマーレ讃岐(四国リーグ)と、JFA優遇措置枠で得ているS.C.相模原(神奈川県リーグ1部)です。
したがって、福島ユナイテッドFCは、同決勝大会の全社枠での出場権を獲得しました。

また、S.C.相模原が全社枠の成績条件もみたし、JFA優遇措置枠と重複したため、追加枠が1枠発生することになりました。
これにより、追加枠の獲得優先順位第1位にあたる、関東リーグ1部準優勝のさいたまSCが、同決勝大会の追加枠での出場権を獲得しました。

これで、来季からのJFL昇格チームを決める第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得する12チームは全て決定しました。
出場辞退チームが発生しない限り、同大会の出場チームは以下の12チームとなります。
出場チーム、組み合わせ等の公式発表は後日行われます。

10/10/18 JFL公式サイト 松本山雅FC、ブラウブリッツ秋田、V・ファーレン長崎、FC琉球の来季JFL残留以上が確定
17日の試合結果により、松本山雅FC、ブラウブリッツ秋田、V・ファーレン長崎、FC琉球の今季最終成績が15位以上となることが確定しました。
これにより、これら4チームの来季のJFL残留以上が確定しました。

なお、松本山雅FCはJリーグに加盟申請を行っているため、今季最終成績が4位以上になった場合、来季よりJリーグに入会(J2昇格)する可能性があります。

10/10/16 JFA公式サイト 天皇杯、4回戦の会場発表
JFAは15日、11月17日に予定されている天皇杯4回戦全8試合について、未定となっていた試合会場を発表しました。
発表された内容は「天皇杯関連情報集」に反映しています。

10/10/12 JFL公式サイト 後期第11節出場停止選手
後期第11節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。
※10/15追記…掲載時点では未確認情報でしたが、10/14にJFLが発表しましたので、自信度を引き上げました。

10/10/10 カマタマーレ讃岐(四国リーグ)公式サイト/
九州リーグ公式サイト
カマタマーレ讃岐、HOYO Atleticoが地域サッカーリーグ決勝大会出場権を獲得
四国リーグの9日の試合結果により、同リーグのカマタマーレ讃岐の優勝が確定しました。

また、九州リーグの9日の試合結果により、同リーグのHOYO Atletico ELAN大分の優勝が確定しました。

これにより、カマタマーレ讃岐とHOYO Atletico ELAN大分は、来季からのJFL昇格チームを決める第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得しました。
同大会の出場権を獲得したチームはこれで10チームとなり、特に各地域リーグの代表チームは全て決定しました。
同大会の出場枠でまだ獲得チームが決まっていないのは、全社枠の2枠のみです。

10/10/04 JFL公式サイト/
信濃毎日新聞公式サイト
ガイナーレ鳥取、来季Jリーグ加盟の成績条件をクリア
3日の試合結果により、ガイナーレ鳥取の今季最終成績が、4位以上かつJリーグ準加盟クラブの中で3位以上となることが確定しました。

信濃毎日新聞公式サイトの9月30日付報道によると、ガイナーレ鳥取は9月29日までに、来季のJリーグ入会へ向けての加盟申請を行ったとのことです。
したがって、これにより、ガイナーレ鳥取は、Jリーグ規約第20条の2の3に規定されている成績面でのJリーグ新規加盟条件を満たすことが確定しました。

なお、これでガイナーレ鳥取の来季のJリーグ新規加盟が確定したわけではありません。
今後、観客数の条件やクラブの経営面・運営体制面、ホームスタジアム等も含めて審査が引き続き行われ、最終的にはJFL終了後(例年どおりであれば、終了翌日の11月29日)に行われるJリーグ臨時理事会で新規加盟の可否が決定されます。

10/10/04 JFL公式サイト 町田ゼルビア、Honda FCの来季JFL残留が確定
3日の試合結果により、町田ゼルビア、Honda FCの今季最終成績が15位以上となることが確定しました。
これにより、両チームの来季のJFL残留が確定しました。

10/10/04 レノファ山口(中国リーグ)公式サイト レノファ山口が地域サッカーリーグ決勝大会出場権を獲得
中国リーグは3日に最終戦を行い、レノファ山口が優勝しました。

これにより、レノファ山口は、来季からのJFL昇格チームを決める第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得しました。
同大会の出場権を獲得したチームはこれで8チームとなりました。
同大会の出場枠でまだ獲得チームが決まっていないのは、四国・九州の地域リーグ枠合計2、全社枠2の合計4枠です。
四国・九州の地域リーグ枠はいずれも9日または10日に決定します。
全社枠は18〜20日に決定しますが、該当チームが1チーム以下にとどまった場合、もしくはJFA優遇措置枠を獲得済のS.C.相模原(神奈川県リーグ1部)が全社枠を獲得した場合は、補充するための追加枠が、規程にしたがってさいたまSC(関東リーグ1部準優勝)、アイン食品(関西リーグ1部準優勝)の順に与えられます。

10/10/04 JFL公式サイト 登録選手追加・抹消(10/1付)/
横河武蔵野FCの渡部が退団
JFLは1日、各チーム登録選手の追加・抹消を以下のとおり発表しました。

【抹消:横河武蔵野FC】DF32渡部竜二。

※10/8追記…横河武蔵野FCは7日、渡部が9月30日付で退団したことを発表しました。

10/10/03 グルージャ盛岡(東北1部)公式サイト/
藤枝MYFC(東海1部)公式サイト/
関西リーグ公式サイト
グルージャ盛岡、藤枝MYFC、三洋電機洲本が地域サッカーリーグ決勝大会出場権を獲得
東北リーグ1部の2日の試合結果により、同リーグ1部のグルージャ盛岡の優勝が確定しました。

また、東海リーグ1部の2日の試合結果により、同リーグ1部のshizuoka.藤枝MYFCの優勝が確定しました。

また、関西リーグ1部の2日の試合結果により、同リーグ1部の三洋電機洲本の優勝が確定しました。

これにより、グルージャ盛岡、shizuoka.藤枝MYFC、三洋電機洲本は、来季からのJFL昇格チームを決める第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得しました。
同大会の出場権を獲得したチームはこれで7チームとなりました。
同大会の出場枠でまだ獲得チームが決まっていないのは、中国・四国・九州の地域リーグ枠合計3、全社枠2の合計5枠です。
中国リーグ枠は3日に、四国リーグ枠は3日または10日に、九州リーグ枠は9日または10日に、それぞれ決定します。


JFL最新トピックスに戻る