過去のJFLトピックス
(2005年10〜12月)


【トピックス一覧】

05/12/31 FCホリコシ公式サイト FCホリコシの小見監督が退任、J1柏のフロント入り
FCホリコシは30日、小見幸隆監督が契約満了にともない退任することを発表しました。
小見氏は今季途中から監督を務めていました。
後任の監督は現時点で未定です。
※1/7追記…J2柏は1月6日、小見氏がチーフスカウトに就任することを発表しました。これに伴い本トピックのタイトルを書き換えました。

05/12/29 FCホリコシ公式サイト FCホリコシがチーム名を公募、来季より改名へ
FCホリコシは29日、来季からのチーム名の改名を予定していること、およびその新チーム名を公募することを発表しました。
新しいチーム名には「高崎」の地名が入る予定です。
公募の要項等についてはFCホリコシ公式サイトをご参照ください。

05/12/29 SC鳥取公式サイト J2湘南の渡部がSC鳥取に期限付き移籍
SC鳥取は29日、J2湘南のDF渡部翼(わたべ・つばさ)が来季期限付き移籍で加入することを発表しました。
移籍期間は2006年2月1日〜2007年1月31日の1年間です。
※1/19追記…背番号は18に決まりました。

05/12/28 愛媛FC公式サイト SC鳥取の江後が愛媛FCに移籍/
愛媛FCの前川、菅原が退団
愛媛FCは27日、SC鳥取のFW18江後賢一が来季より移籍加入することを発表しました。
併せて、MF15前川正行、FW35菅原太郎の2選手が今季限りで退団することも発表しました。

05/12/24 (未確認) 今後の出場停止処分について
以下の選手は、後期第15節の試合で出場停止規定をみたしてしまったと思われます。【】内は理由です。 また、以下の選手は、すでに課されていると思われる出場停止処分の消化を終えないままシーズンを終了したと思われます。【】内は理由です。 今季のJFLは終了したため、JFAの規定により、各選手の出場停止処分については以下のように課されると思われます。

05/12/23 JFA移籍リスト 愛媛FCに期限付き移籍中の田中、そのまま完全移籍で加入
JFAが20日に発表した移籍リストにより、J1広島からの期限付き移籍で愛媛FCに所属し、広島から戦力外通告を受けたFW33田中俊也が、来季より愛媛FCに完全移籍で加入することが明らかになりました。

05/12/18 SC鳥取公式サイト SC鳥取、Jリーグ参入を目指すことを表明
SC鳥取は18日、記者会見を開き、SC鳥取の活動目的を変更すること、それに伴い来季よりJリーグ参入を目指すなどの事業を展開していくことを発表しました。
Jリーグ参入目標は2008年シーズンとし、青少年の育成などと併せて事業展開を図っていく模様です。

05/12/10 中日スポーツ公式サイト FC刈谷の初代監督に安原成泰氏
デンソーを引き継ぎ来季よりJFLに参戦するFC刈谷は5日、来季の監督に安原成泰(やすはら・なりやす)氏が就任することを発表しました。
安原氏は地元・刈谷市出身で、Jリーグの名古屋、旧JFL時代の本田技研などでプレーした後、1999年から指導者として活動していました。

05/12/08 JFL公式サイト 第7回JFL表彰者
JFLは8日、今季の表彰式を行い、各賞の受賞チーム・受賞者を以下のように発表しました。 なお、過去にベストイレブンが選出されたチームの最低順位は5位(2000年にソニー仙台から田端、2001年にデンソーから徳重が選出)で、大坪はこれを抜き、史上初のBクラスチームからのベストイレブン選出となりました。宇留野も5位チームからの選出ということでタイ記録となっています。

※12/09訂正…ベストイレブンの堀田の所属チームをHonda FCと誤記していました。申し訳ありませんでした。

05/12/08 JFL公式サイト 地域リーグ3チームの来季JFL昇格が正式に決定
JFLは8日、評議員会を開き、来季の新規昇格チームについて審議しました。
愛媛FCのJリーグ参入にともない、昇格権は地域リーグ決勝大会優勝のFC琉球(沖縄県那覇市)、準優勝のジェフユナイテッド市原・千葉アマチュア(千葉県市原市)に加え、3位のロッソ熊本(熊本県熊本市)が保有しており、審議の結果、この3チームのJFL昇格が承認され、正式に決定しました。
FC琉球、ジェフ千葉アマチュアはそれぞれの県から初のJFL参戦チームとなります。またロッソ熊本は2002年(当時アルエット熊本)以来4年ぶりのJFL再参戦で、史上初のJFL返り咲きとなります。

来季の第8回JFLは、既存の15チームに今回承認された3チームを加えた18チームで行われます。

05/12/08 ソニー仙台FC公式サイト ソニー仙台FC一木、武川、高田の3選手が現役引退
ソニー仙台FCは8日までに、以下の3選手の今季限りでの退団を発表しました。

MF3一木太郎、DF5武川勝徳、DF26高田昌明。

一木、武川は現役を引退し、今後は社業に専念します。
高田も現役を引退しますが、今後の進路は未定です。指導者を目指すようです。

05/12/06 徳島(J2)公式サイト アローズ北陸原田、期限付き移籍元の徳島から戦力外通告
J2徳島は1日、アローズ北陸に期限付き移籍(来年1月末日まで)中のMF24原田慎太郎と来季の契約を結ばないことを発表しました。

05/12/06 京都(J2)公式サイト 元愛媛FC石丸、所属する京都から戦力外通告
J2京都は6日、愛媛FCに4日まで期限付き移籍していたMF36石丸清隆と来季の契約を結ばないことを発表しました。

05/12/05 Jリーグ公式サイトなど 愛媛FC、来季よりJリーグに新規加盟決定
Jリーグは5日、臨時の理事会を開き、9月にJリーグへの新規加盟を申請した愛媛FCについて、新規加盟の可否を審議し、満場一致でこれを承認しました。
今季新規加盟した徳島・草津に続く2季連続のJクラブ誕生で、これで来季のJクラブの総数は31となります。

これにより、愛媛FCの今季限りでのJFL脱退が決定しました。

05/12/05 広島(J1)公式サイト 愛媛FC田中、期限付き移籍元の広島から戦力外通告
J1広島は4日、愛媛FCに期限付き移籍(来年1月末日まで)中のFW33田中俊也と来季の契約を結ばないことを発表しました。

05/12/01 柏(J1)公式サイト 愛媛FC矢野、期限付き移籍元の柏から戦力外通告
J1柏は1日、愛媛FCに期限付き移籍(来年1月末日まで)中のDF22矢野哲也と来季の契約を結ばないことを発表しました。

05/11/29 JFL公式サイト 後期第15節出場停止選手
後期第15節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 ※掲載時点では未確認情報でしたが、12/3に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/11/27 刈谷市サッカー連盟
公式サイト
市民クラブへ移管のデンソー、新名称は「FC刈谷」に
刈谷市サッカー連盟は22日、現在JFL所属のデンソーが移管して新たに立ち上がる市民クラブについて、名称が「フットボールクラブ刈谷」、略称「FC刈谷」に決まったことを発表しました。
FC刈谷の運営は、新規設立申請中のNPO法人かえるスポーツクラブが行うことになります。
なお、FC刈谷がデンソーの地位を受け継ぎ来季からJFLに参戦することは既に承認されています。

05/11/21 JFL公式サイト 後期第14節出場停止選手
後期第14節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 ※掲載時点では未確認情報でしたが、11/27に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/11/17 JFL公式サイト
スポーツナビ公式サイト
愛媛FCのJ参入を審議するJリーグ理事会は12月5日
Jリーグは、愛媛FCから提出された来季からの加盟申請について、臨時理事会を開いて審議することになっていましたが、この理事会の開催予定日がJFL閉幕翌日の12月5日であることが明らかになりました。
現時点で、JFLで原則2位以内という成績条件を満たせば申請は承認される見通しとなっています。
※掲載時点では報道情報でしたが、11/27にJFL公式サイト上で確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/11/15 JFL公式サイト 後期第13節出場停止選手
後期第13節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 ※掲載時点では未確認情報でしたが、11/17に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/11/07 JFL公式サイト 後期第12節出場停止選手
後期第12節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 ※掲載時点では未確認情報でしたが、11/11に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/11/04 JFL公式サイト 後期第11節出場停止選手
後期第11節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 なお、JFL後期第10節で退場処分となった原田慎太郎(アローズ北陸)は、天皇杯4回戦に出場停止となりました。

※掲載時点では未確認情報でしたが、11/4に確認できましたので、自信度を引き上げました。この際、田阪・照井の情報を追記しました。

05/10/27 愛媛FC公式サイト J2京都の石丸が愛媛FCに期限付き移籍
愛媛FCは26日、J2京都のMF石丸清隆(いしまる・きよたか)が期限付き移籍で入団することを発表しました。
移籍期間は28日から12月4日までです。
背番号は現時点では不明です。
※10/31追記…後期第10節の試合に出場したため、背番号が36であることが確認されました。

05/10/25 JFL公式サイト 後期第10節出場停止選手
後期第10節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 ※掲載時点では未確認情報でしたが、10/28に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/10/24 JFA公式サイト 地域リーグ決勝大会出場チーム、全て決定
中国リーグは23日に最終戦を行い、佐川急便中国支社が首位を守って優勝しました。
これにより、同チームが、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会への参加権を獲得しました。
これで参加全13チームが決定し、24日、JFAは1次ラウンドの組分けと試合日程を発表しました。

なお、中国地区で既に出場が判明していたファジアーノ岡山は準優勝となり、中国第2代表としての出場となりました。
また、東北リーグ1部で2位以内を確定し、ともに今大会への出場を決めていたTDKとグルージャ盛岡は、16日の同リーグ最終戦の結果、勝ち点・得失点差・総得点・直接対決成績の全てで並び、同点優勝となりました。
今大会には、TDKが東北第1代表、グルージャ盛岡が東北第2代表として出場します。

05/10/23 高知県サッカー協会公式サイト 地域リーグ決勝大会日程発表
高知県サッカー協会は18日、地域リーグ決勝大会の組分けと試合日程を発表しました。
詳しくは当スタジアムの「地域リーグ決勝大会情報集」をご覧ください。

05/10/23 長野エルザSC(北信越)公式サイト
ファジアーノ岡山(中国)公式サイト
2チームが地域リーグ決勝大会出場権を獲得
北信越リーグ1部は23日に最終戦を行い、首位の長野エルザSCが勝って優勝しました。

中国リーグは23日に最終戦を行い、前節まで3位のファジアーノ岡山が勝って2位以内を確定しました。

以上の2チームが、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会に、各地区の代表として参加する権利を獲得しました。
これで、現時点で参加13チームのうち12チームが確定(今後辞退する場合を除く)しました。
残っているのは中国の1チームで、23日の試合結果によりすでに確定しているはずですが、結果の情報がないため、現時点で発表できません。

05/10/22 JFL公式サイト 後期第9節出場停止選手
後期第9節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。

05/10/22 日刊スポーツ公式サイト 愛媛FC、成績以外のJ参入条件をクリア
FCホリコシは来季J参入が消滅
Jリーグは18日に理事会を開き、来季からのJリーグ参入を申請している愛媛FCについて、今季JFLで原則2位以内という成績条件を満たせば来季からの参入を認めることを承認しました。
また、同様に申請をしているFCホリコシについては、必要な書類が揃っていないため、来季からの参入を認めないことを併せて決定しました。

05/10/15 JFL公式サイト アローズ北陸の松永が登録抹消
JFLは15日までに、アローズ北陸のFW20松永一慶を公式サイト内の各チーム選手紹介の欄から抹消しました。
これにより、松永の登録抹消が明らかになりました。

05/10/15 JFL公式サイト 佐川急便大阪SCの大谷・堂森が登録抹消
JFLは15日までに、佐川急便大阪SCのDF2大谷祐馬、MF18堂森勝利の2選手を、公式サイト内の各チーム選手紹介の欄から抹消しました。
これにより、2選手の登録抹消が明らかになりました。

05/10/11 グルージャ盛岡(東北)公式サイト
広島フジタSC(中国)公式サイト
南国高知FC(四国)公式サイト
2チームが地域リーグ決勝大会出場権を獲得
東北リーグは9日に試合を行い、2位のグルージャ盛岡が勝って2位以上を決めました。

中国リーグは9日に試合を行い、2位の佐川急便中国支社が勝って暫定首位に立ち、最終2位以上を決めました。

四国リーグは9日に試合を行い、首位の南国高知FCが勝って優勝を決めました。

以上の32チームが、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会に、各地区の代表として参加する権利を獲得しました。
これで、現時点で参加13チームのうち1110チームが確定(今後辞退する場合を除く)しました。
まだ確定していないのは北信越、中国各1チームの計2チーム北信越1チーム、中国2チームの計3チームで、いずれも23日の最終戦によって確定します。

※10/12追記…中国リーグの結果について計算ミスをしており、佐川急便中国支社の最終2位以上は現時点で確定していないことが判明しました。そのため記述を一部変更しました。大変申し訳ありませんでした。

05/10/07 日刊スポーツ公式サイト FCホリコシのJリーグ加盟申請に不備
Jリーグの鈴木チェアマンは7日、FCホリコシの来季からのJリーグ加盟申請に関して、提出書類に不備があることを明らかにしました。
FCホリコシは申請期限ぎりぎりの9月30日に入会意思がある旨の文書をJリーグに郵送しましたが、申請書があるだけで必要書類が揃っていないとのことです。

今後の扱いについてはJリーグ理事会での審議にゆだねられると思われます。

05/10/04 JFL公式サイト 後期第8節出場停止選手
後期第8節の出場停止選手は以下のとおりです。【】内は理由です。 なお、JFL後期第7節で退場処分となった三宅一徳(三菱水島FC)は、天皇杯3回戦に出場停止となりました。

※掲載時点では未確認情報でしたが、10/15に確認できましたので、自信度を引き上げました。

05/10/04 Honda FC公式サイト Honda FCの田中が改姓、高安に
Honda FCのMF20田中信成は9月2日に入籍し、姓を高安(たかやす)に改めました。
これに伴い、同日以降の試合での登録名も変更となっております。

05/10/03 サンクFCくりやま(北海道)公式サイト
関西リーグ公式サイト
2チームが地域リーグ決勝大会出場権を獲得
北海道リーグは2日に最終戦を行い、首位のノルブリッツ北海道FCが勝って優勝しました。

関西リーグ1部は2日に最終戦を行い、前節まで2位のバンディオンセ神戸が勝って逆転優勝を果たしました。

以上の2チームが、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会に、各地区の代表として参加する権利を獲得しました。
これで、現時点で参加13チームのうち8チームが確定(今後辞退する場合を除く)しました。
まだ確定していないのは東北、北信越、四国各1チーム、中国2チームの計5チームです。

05/10/02 グルージャ盛岡(東北)公式サイト
関東リーグ公式サイト
静岡FC(東海)公式サイト
ロッソ熊本(九州)公式サイト
4チームが地域リーグ決勝大会出場権を獲得
東北リーグのTDKは9月25日の試合に勝ち、東北リーグの2位以上を確定しました。

関東リーグ1部は2日に最終戦を行い、首位のホンダルミノッソ狭山FCが勝って優勝、また2位のジェフユナイテッド市原・千葉アマチュアも勝って準優勝となりました。

東海リーグ1部は2日に最終戦を行い、静岡FCが首位を守って優勝しました。

以上の4チームが、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会に、各地区の代表として参加する権利を獲得しました。

また、九州リーグは2日に最終戦を行い、既に地域リーグ決勝大会を決めているロッソ熊本とFC琉球が直接対決、ロッソ熊本が勝って優勝しました。
これにより、ロッソ熊本は九州第1代表として、またFC琉球が九州第2代表として地域リーグ決勝大会に出場することとなりました。

05/10/02 FC琉球(九州)公式サイトなど FC琉球の地域リーグ決勝大会出場が決定
九州リーグのFC琉球は1日、九州リーグの試合で勝利を収め、2日の最終戦を待たずに2位以上を確定しました。
これにより、同じく2位以上を確定しているロッソ熊本とともに、11月25日から始まる地域リーグ決勝大会に、九州代表として参加することが確定しました。
なお、どちらが第1代表になるかは、2日の最終戦の結果で決まります。


JFL最新トピックスに戻る