国士舘大学サッカー部
(国士舘大学)


チームデータ

発足 1956年 通算成績 50勝19分84敗(勝率.373)
※不戦敗1を含む
JFL在籍年数 6年 最高順位 5位(2002年)
チーム所在地 東京都町田市 通算得失点 229-323
主ホーム会場 多摩市立陸上競技場(多摩)
通算観客動員 20053人(76試合/平均264人)
紹介コメント
1956年創部。着実に力をつけ、1970年に関東大学リーグ1部に昇格。翌年2部降格するが、1974年に再び昇格し、以降1部に籍を置き続けている。1982年には初優勝を果たし、さらに全日本大学サッカー選手権でも優勝して、見事に大学日本一の座に就いた。 以降、関東大学リーグを9回制覇し、大学の強豪チームとして、Jリーグ・JFLにも数多くの選手を輩出している。
1998年、推薦を受けて、大学勢では初めてのJFLクラブとなった。大学リーグと同時に試合が行われることもあり、なかなかベストメンバーを組めず、初年度は16チーム中15位、新JFLに以降した1999年も最下位と揮わなかったが、2つのチームを並立することで、従来はレギュラーに入れなかった選手たちにもモチベーションが生まれ、底上げが為されるという効果を得た。
2000年に7位に食い込んで「お荷物状態」を脱すると、以降中位を確保するようになり、2002年は開幕3連勝で勢いに乗って堂々のAクラス入り。 2003年は終盤になって大量失点が相次ぎ、ずるずると順位を下げ、11位。また関東大学リーグでも揮わず、2年連続で優勝を逃してしまった。
2004年は名門復活を狙い、開幕2連勝と好スタートを切ったが、大学リーグとの両立が始まってからは結果が出せず、残留争いに苦しむことに。結果、ホーム最終戦で白星を挙げて最下位は免れたものの、直後に15人もの部員・元部員が逮捕される不祥事が発生し、最終戦を棄権してそのままJFLを去った。
大学チームということもあり、なかなか観客動員は伸びず、2004年終了時点では通算平均観客動員は全チーム中最少であった。また、主ホーム会場は多摩であるが、多摩での試合もあまり多くなく、各所を転々として試合を行っていた。

JFLでの歴史

1999年、JFL移行(1998年に旧JFL参入)
正式名称「国士舘大学サッカー部」
略称「国士舘大学」

成績 出来事
1999年 6勝18敗、勝点19(9位) 敢闘賞受賞
2000年 10勝1分11敗、勝点28(7位) 奨励賞受賞
2001年 10勝6分14敗、勝点36(10位)
2002年 9勝3分5敗、勝点30(5位)
2003年 10勝4分16敗、勝点34(11位)
2004年 5勝5分20敗、勝点20(15位)
※不戦敗1を含む

JFL脱退(不祥事により自主脱退)
現在、関東大学リーグに参戦


チーム紹介トップへ