ルール・凡例


ルール


禁止行為
 当スタジアムでは、以下の行為を禁止しています。
 運営を円滑に行うため、ご理解をお願いします。
  1. 当スタジアムの運営を妨害する、もしくは妨害する意図が見られる行為(妨害と競合は別物です)
  2. 他者(当スタジアムも含む)への中傷・妨害・プライバシー侵害などの迷惑行為
  3. 管理人の許可なく当スタジアムを利用した商業行為
  4. 掲示板における、掲示板に記載の留意事項に反する書き込み行為
  5. その他、違法行為・公序良俗に反する行為
ルールNo.001 2008/03/09掲出

リンクについて
★当スタジアムへのリンクをお考えの方へ★
 当スタジアムへのリンクは大歓迎です。
 張る際・はがす際のご報告は不要ですので、ご自由に張ってください。
 ただし、以下の点にご留意くださいますようお願いします。
  1. 本ページ記載の禁止行為を行うサイト、および行う方のサイトからのリンクは固くお断りします。
  2. リンクを張る際は、トップページ(http://www.hanesta.jp/)に張ることをお勧めします。トップページ以外に張ってもかまいませんが、その場合、そのURLは予告無く変更する場合がありますことをご承知おきください。
  3. バナーは以下の4種類です。ご利用の際は必ずご自分のサーバにダウンロードした上でお使いください。もちろんバナーを使わなくてもかまいません。
★当スタジアムからのリンクをご希望の方へ★
 ただいま、当スタジアムのリンク集は一時休止中です。
 そのため、リンクの受付も中止しています。
 お知らせをいただいても、ご希望に副うことはできません。申し訳ありませんがどうかご理解ください。
ルールNo.002 2008/03/09掲出

当スタジアムのデータ等の転載・引用について
★データおよびデータ分析記述、その他文章の転載・引用★
 当スタジアムのデータは、公式記録を管理人がデータベース化あるいは分析しただけのものなので、データ自体に対しては、もちろん管理人は何らの権利を持っておりません。
 ただ、データベースおよび分析記述としての著作権は放棄しませんので、当スタジアムからデータや分析記述を転載・引用する際は、以下を守っていただくようお願いします。
 また、データに関係しない文章についても同様に、以下を守ってくださるようお願いします。
 なお4.については、線引きが難しいので、明らかにこれに該当する場合を除き、それほど厳密に目くじらを立てる気はありません。
  1. 転載・引用元が「羽ヶ丘JFLの森スタジアム」であることを明記すること。
  2. 転載・引用したデータや文章等を用いて、本ページ記載の禁止行為(商業行為も含まれます、ご注意を!)を行わないこと。
  3. 本ページ記載の禁止行為を含む著作物やサイト、あるいは禁止行為を行う人の著作物やサイトに利用しないこと。
  4. 転載・引用すること自体が目的である利用法をしないこと。
 もっとも、当スタジアムに記載しているデータや分析記述については、間違いのないよう気をつけてはおりますが、完全に正しいという保証はできません。
 転載・引用したことによる損害には当スタジアムは一切責任を負いませんのでご了承ください。

★画像や写真、CGI等のプログラムの転載・引用★
 以下のいずれかに該当する場合を除き、一切の転載・引用を禁止します。
  1. 対象となるものの著作権が管理人に無く、かつ、その権利保持者が当スタジアムからの転載・引用を許可した場合
    (ただし権利保持者が定める条件を遵守してください)
  2. 当スタジアムのバナー画像を、当スタジアムへのリンクを張る目的で転載する場合
    (ただし本ページ内「リンクについて」の記載事項を遵守してください)
 なお、事情により本欄記載のルールを逸脱せざるをえない形での転載・引用をご希望の場合は、必ず事前に管理人にメールでお知らせください。適宜対応いたします。
ルールNo.003 2008/03/09掲出

凡例・データの定義
〜当スタジアムでの用語の扱いなど〜

連勝/連敗
 連勝とは、特に注記のない限り、連続勝利のみをさし、敗戦はもちろんのこと、引き分けでも記録はストップします。
 引き分けを挟んでの連続勝利のことをさす場合は、その旨を明記します。
 例えば、「●○○△○○○●」という星の並びになった場合、表現は以下のようになります。
  • 2連勝、その後に3連勝
  • 引き分けを挟んで5連勝
  • 連続無敗6試合
 連敗も同様に連続敗戦のみをさし、引き分けがあった場合はストップします。

 なお、90分で決着したか否かということは考慮しません。
 90分で決着しない場合の試合規定には様々あり、それによって、勝敗がつくか引き分けになるかが異なることがありますが、当スタジアムでは、試合規定がどうであれ、その試合の規定にのっとって勝利(敗戦)すれば連勝(連敗)記録に算入します。
 特に90分で決着した試合に限っての記録について述べる場合はその旨を明記します。

チームの観客動員
 チームAの観客動員とは、チームAのホームゲームにおける観客数のことをさします。
 したがって、チームAのホームゲームに来場したアウェーチームのサポーターも含まれます。
 逆に、チームAのサポーターがチームAのアウェーゲームに出かけた場合は、チームAの観客動員には算入されず、相手チームの観客動員に算入されます。

順位
 JFLの順位について、公式に発表されている開催概要では、全日程を終了した時点での順位決定方法しか定義されていません。
 そこで当スタジアムでは、シーズン途中の順位についても、この開催概要を準用して順位表記を行います。
 そのため、シーズン途中ではJFL公式サイトの順位と異なる場合がありますことをご了承ください。

 なお、以下の特殊な場合については、公平性および開催概要の意図を勘案して、独自の解釈を加えてあります。

 ★チーム間の消化試合数に差がある場合
 JFL公式順位と同様、消化試合数は考慮せず、厳密に開催概要にのっとって順位をつけます。したがって、消化試合数が少ないチームに不利になる傾向があります。順位表には消化試合数に差がある旨を明記します。
 ただし例外として、消化試合数が0のチームについては、順位づけの対象から除外します。

 ★直接対決を考慮する直前の時点で3チーム以上が同点になった場合
 この場合、シーズン途中では当該チーム間の直接対決の消化試合数に差があることなどが考えられますが、全く考慮せず、この時点で同点となっているチーム同士の直接対決の結果のみで順位をつけます。以下に例を挙げます。

 例1:A、B、Cの3チームが同点で、直接対決はA-Bが1-1の引き分け、A-CとB-Cが未消化の場合。
 →勝ち点1を挙げているAとBが同順位で、Cがその下になります。Cが消化試合数0であることは考慮しません。
 例2:A、B、Cの3チームが同点で、直接対決はA2-0B、B3-0C、C2-1Aの場合。
 →AとBが同順位で、得失点差が小さいCがその下になります。AとBの直接対決ではAが勝っていますが、Cを含めた3チームの直接対決成績以外は考慮しません。 

得点ランキング
 選手が同一シーズンで移籍により複数のJFLチームに所属した場合の扱いについては、複数チームでの得点を合算するか否か、見解が分かれています。
 当スタジアムでは、得点ランキングが個人に対して行われる順位付けであることから、所属チームによらず、同一選手が当該シーズンのJFLで挙げた得点は全て合算することとします。
 得点ランキング表では、当該選手の所属チームはJFLでの最終所属チームを記載し、それ以外のチームで得点があることを欄外に記載します。

チーム名の表記
 当スタジアムにおいて、通算&歴代データ集、最新トピックスなどの報道部分においては、各チームの名称は以下のように表記します。
Jリーグ所属チーム
地名のみで表記します。ただし、地名部分が同一のチームが同時に複数ある場合は、愛称をアルファベットで併記して区別します。2008年時点でこれに該当するのはFC東京、東京V、横浜M、横浜FC、G大阪、C大阪です。
JFL所属チーム
リーグが公式に用いる略称を用います。
それ以外のチーム
できるだけリーグが公式に用いる略称を用いますが、把握しきれない場合、それ以外の名称を使う場合があります。

シーズンの表記
 当スタジアムでは、「天皇杯の決勝戦が1シーズンの最終試合である」という考え方に基づき、1シーズンを1月2日から翌年1月1日までとして扱います。
 したがって、1月1日だけは実際の(=暦の上での)年とシーズン表記が一致しませんのでご注意ください(例:2008年1月1日は2007年シーズンの最終日)。
 何らかの事情で天皇杯の決勝戦が延期された場合は、合わせてシーズン終了日も延長します。

 なお、「今季」「昨季」「来季」といった言葉の意味、また各チームの所属カテゴリーの表記は、このシーズンの切り替えに合わせて切り替えます。
 ただし所属カテゴリーについては、新シーズン初日になってもまだそのシーズンの所属カテゴリーが決まっていない場合、決まるまでは前シーズンのカテゴリーで表記します。

「チーム所在地」と「主ホーム会場」について
 当スタジアムでは、正式な情報においては、JFL所属クラブに対して「ホームタウン」「ホームスタジアム」という言葉を用いず、代わりに「チーム所在地」「主ホーム会場」という言葉を用います。
 これは、JFL所属クラブにとっての"ホームタウン"や"ホームスタジアム"は何らの対外的認証を得たものではなく、Jリーグ所属クラブにおいてはそれらがJリーグ規約に則って制定しJリーグの承認を受けるものである点と比較して同一視できない、という考えによるものです。
 チーム所在地はチームまたは運営団体の本部がある場所をさし、JFLガイドブック記載のチーム住所に準拠します。(したがって必然的に、一部のJリーグクラブのように複数の市区町村にまたがることはありません。)
 主ホーム会場は当該チームがホームゲームを開催した、または開催する予定のあるスタジアムのうち、開催実績・地理的状況などから最もホームスタジアムと呼ぶにふさわしいと考えられるスタジアムを当スタジアムが独自に1ヶ所選定して設定するものです。

その他の用語の定義
(チーム成績の)貯金、借金
勝利数が敗戦数より多いとき、その差の数を貯金と呼びます。
逆に、敗戦数が勝利数より多いとき、その差の数を借金と呼びます。
(チーム成績の)勝ち越し、負け越し
1シーズン・前期・後期など、ある節目で分けられる期間において、その期間のチーム最終成績で勝利数が敗戦数を上回ることを勝ち越しと呼びます。また、その期間の終了前でも、期間内の残り試合全てに敗れたとしてもなお勝利数が敗戦数を上回る場合、同様に勝ち越しと呼びます。
勝ち越しの定義における「勝利数」と「敗戦数」を入れ替えた状況を負け越しと呼びます。
白星先行、黒星先行
1シーズン・前期・後期など、ある節目で分けられる期間の途中において、その期間のチーム成績で勝利数が敗戦数を上回っていることを白星先行と呼びます。
白星先行の定義における「勝利数」と「敗戦数」を入れ替えた状況を黒星先行と呼びます。
ゲーム差
2つのチームの成績の比較において、勝ち点差3を1ゲーム差と呼びます。ただしこの単語はあまり使いません。
同星(または相星)
2つのチームの成績において、勝ち点・勝利数・引き分け数・敗戦数が全て同じである状態のこと。
リード、ビハインド
チームAとBの試合中のある時点においてAがBより得点が多い状態を、Aのリード、またはBのビハインドと呼びます。
(試合における)逆転
試合中のある時点において1点ビハインドの状態から、2得点を連続で(=その間に失点することなく)得て1点リードの状態に変わること。
なお、サッカー以外の競技においては、ビハインドの状態からリードの状態に変わること、またはビハインドの状態から同点の状態を経てリードの状態に変わること。
(試合における)勝ち越し
広義には、同点の状態から1点を挙げてリードの状態にすること。狭義には、そのうち逆転でないもの。
逆転ゴール、勝ち越しゴール
それぞれ、逆転の状態を成立させる得点、勝ち越しの状態を成立させる得点のこと。
同点ゴール
1点ビハインドの状態で得る得点のこと。すなわち得点後は同点になる。
1点を返す
2点以上ビハインドのチームが得点を得ること。言い換えれば、得点後もなおビハインドの状態であり続けるような得点を得ること。派生して、ある時点においてビハインドのチームが、その後n得点を得ながらビハインドの状態であり続けている場合、n得点を得ることをn点を返すと呼びます。
追加点
リードしている状態で得る得点のこと。
決勝点
得点のうち、広義の勝ち越しゴールであり、かつ、その後相手に得点されていないもの。言い換えれば、m対n(ただしm>n)で勝敗が決した場合、勝利チームの(n+1)点目がn対nの同点の状態で得た得点であれば、その得点が決勝点であり、そうでなければ決勝点は存在しない。当スタジアム以外では違う定義をしていることがありますのでご注意ください。
完封
0失点で試合を終えること。勝敗は問わない(0-0の引き分けでも完封と呼ぶ。それどころか、トーナメント戦であれば完封しながらPK戦で敗れることもある)。
再犯
出場停止処分を受けることを繰り返す行為のうち、JFAの懲罰規定に照らして、1回目の出場停止処分より重い処分を受けることになる行為のこと。

当スタジアムの字
 青字、もしくは青地の文字(見出し部分のものを除きます)は、そこからリンクが張られていることを示します。


トップページに戻る