過去の営業日誌
(2009年9月)


2009/9/28(月)0:45「鳥取de取りこぼし」
 鳥取さんが頑張ってくれたおかげでネット生中継で観戦することができたのですが…うあー、もったいない、もったいない。
 この引き分けは"勝ち試合を逃した取りこぼし"だよ…。

 試合への入りが悪くて、それで開始1分も経たないうちにビハインドを背負うことになったわけですが、きちんとボールは支配できてました。
 まあ、前半は鳥取の攻守の切り替えの速さに苦しみ、ボール支配がチャンスにはなかなかつながらなかったのですが。
 ですが後半、次々とガス欠を起こしてついていけなくなるプロ選手たちに対し、夜練しかできない社会人選手たちは完全に走り勝ち、サイド突破、前線でのプレスからのインターセプトとやりたい放題。
 鳥取公式サイトを見るとシュート数は前後半合わせて4本だけとなってますし、たぶんそれは正しいとは思うのですが、シュート数に表れないところで、"武蔵野がやりたいサッカー"を存分にできてたかな…と。

 だからこそ、結局1点止まりに終わった後半が、つくづく、もったいないな、と。

 まあ、でも…負けなかったのも事実ですから…チームがどう捉えるか、が一番大事。

 残り7試合、それに天皇杯も…しっかりやりきるために、しっかり振り返って、次、いきましょう。
2009/9/25(金)1:29「初出社」
 土日とかシルバーウィークは幸いにして全部休めたので、今日(日付上は昨日ですが)は久しぶりに出社。
 スイス行く前の金曜以来だから、13日ぶり。
 さすがに半月も離れると、見慣れたオフィスでも妙に新鮮に見えるもんです。
 溜まっていた手紙を読んだり、またいなかった間の出来事とか聞いたりして、長かったブランクを埋める1日でした。

 スイス行ってたといっても、それで他にやるべきことが減るわけじゃなし。
 まだまだ気ぜわしい日々が続きそうですが、気持ち入れ直して、また頑張りますっ。

  ◆◆◆

 構想自体はスイス行く前からあったので、こないだほど突貫工事ではないですが、またふと思い立ってFlashをつくってました。
 素材はBGMを含めほとんど使い回しですが、それなりに満足いくもんができたかな、と。
 丸3日前からトップページに仕込んでおいたのでお気付きの方もいるとは思いますが、よろしければどうぞ。

 内容が内容ですので、"一応"日曜に撤去します。
2009/9/20(日)2:15「スイスから帰ってきました」
 恥ずかしながら帰ってまいりました。

 小さなハプニングはそれなりにありましたが、とりあえず無事予定どおり帰ってこられてよかった…。
 一番のハプニングといえば、帰りに乗り継ぎで降りたロンドンヒースロー空港で探知犬に嗅ぎつけられて危うくしょっ引かれそうになったことでしょうか。
 ロンドンでの乗り継ぎは4回目だったけど、探知犬の検査に遇ったのは初めてで、しかもそれで嗅ぎ回されるとは…。
 無事放免されて心底安心したですよ。

 5日ほど日本を離れてた間に、政権交代したりとかカウンタが50万を超えたりとか、あったようですが、ま、そこらへんは追々。

 とりあえずはちょうど連休突入ですんで、時差ぼけの解消に努めることにします。押忍。
2009/9/15(火)5:03「スイスに来ました」
 こんばんは。
 スイス・チューリッヒ市内のホテルから新右衛門です。
 うまくネットにつなげたので更新しています。
 いま、日本の時間だと明け方の5時ですかね。こちらは夜の10時。
 ちょうどスイスチャレンジリーグ(2部に相当)のFC Wil 対 FC Gossauの生中継をテレビでやってるのを見つけたので観戦中です。

 チューリッヒに入るまで気がつかなかったのですが、明晩はここチューリッヒでUEFAチャンピオンズリーグの試合があるようで。
 それも、FCチューリッヒが迎える相手はレアル・マドリード。
 うわあ…無理だろうけど、これは見に行ってみたいもんだ。

 そんな感じで、たぶん滞在中は毎晩ネットにつなげられると思いますので、遠く10000kmの彼方からですがちょこちょこ参上します。
 では、また。
2009/9/14(月)1:24「スイスいってきます」
 最近全然チームに関われてない身で言うことじゃないかもしれませんけど、みなさん、ありがとうございました。

 不安はそりゃあるけれど、気分良く…、ええ、気分良く、旅立てます。

 行ってきまっす!
2009/9/12(土)13:53「来週更新休止になるかもしれない件」
 トップページのお知らせ欄をご覧の方はお気付きでしょうけど、来週、長期出張に出ます。
 月曜の朝に出発して、土曜まで。
 …と、これだけでぴんと来る方もいるかもしれませんが、毎年この時期恒例のスイス出張です。

 ほかの仕事に追われて準備がさっぱり進まなかったもので、只今慌てて荷物を支度中…。

 今回はホテルでネットが使えるようなので、うまく接続できれば、現地滞在中も更新できるかもしれません。
 が、うまくいかなかったら更新休止になりますので、その点あしからずご了承ください。

 仕事のどたばたのせいでかなーり気持ちは後ろ向きなのですが、行かないわけにいかないので、まあ気持ち立て直して何とかしてきます…。

  ◆◆◆

 気分転換に、今週の試合結果を受けて最新トピックスに載せられることになる可能性のあるトピックをピックアップ。
 情報入手が間に合えば(そして出発前に更新できる余裕があれば)、出発前に更新していきますけども。

 【SAGAWAのJFL残留が確定】
 独走首位のSAGAWAも、16位に落ちて入替戦送りになる可能性がわずかながらまだあるので残留確定とは言えません。
 が、今節の結果次第で、15位以上が確定して残留が決まる可能性があります。
 条件は…大混戦のおかげですごくややこしくて完全に計算する気にならないのですが、少なくとも、SAGAWAが勝つか、または琉球とTDKがどちらか一方でも勝ちを逃したら確定です。

 【地域決勝、北海道代表が確定】
 これは必ず載せられることになるトピック。
 北海道リーグは日曜が最終戦なので、優勝チームに与えられる地域決勝の出場権のゆくえが決まります。
 可能性があるのは現在1位の札大ゴールプランダラーズと2位のノルブリッツ北海道。
 勝ち点差が3で、さらに得失点差の差が12もあるので、札大がかなり有利な状況ではありますが…。

 【地域決勝、東海代表の1枠が確定】
 現在東海リーグ1部1位の矢崎バレンテが、日曜に2位以内を確定する可能性があります。
 だから、前回の日記で書いたように東海リーグに(補充を含めて)2枠が与えられるとすれば、地域決勝出場権の獲得確定。
 条件は、今日の試合で矢崎が藤枝市役所に勝ち、さらに日曜の浜松大学FC×マルヤス工業戦がマルヤス勝ち、中京大学FC×静岡FC戦が中京勝ちか引き分けになること。

 【地域決勝、中国代表の1枠が確定】
 中国リーグは補充枠によらず2枠を確保しているリーグ。
 先週、勝てば2位以内確定で地域決勝出場権獲得が決まる試合を引き分けてお預けになった1位・佐川急便中国SCは、今週は試合無し。
 ですが、追いかけるチームの結果次第で、日曜に2位以内確定になる可能性があります。
 条件は、日曜のFC宇部ヤーマン×レノファ山口戦が宇部勝ちか引き分けになること。
2009/9/10(木)2:32「全社から始まる思索つれづれ」
 来月の全国社会人サッカー選手権(以下全社)の話。
 こないだの週末から、あちらこちらで話題にはなっていましたが、JFAの公式サイトでも組み合わせが公開されました。

 …で、一応来季のJFLに関わってくる話でもあるし、情報だけは仕入れておこうと思ってつらつら眺めていたのですが、あれ?と。
 地域決勝への出場権に関する記述が変わっているのです。

 去年↓

 今年↓

 表現に統一性がなくてちょっとまどろっこしくもありますが、要は、
 という解釈でOKかと。

 おいらが「あれ?」っと引っかかったのは、「全体で4位以上」の方ではなくて、「地域リーグから選出されてないチームの中で2位以上」という方。
 これが始めから大会規定に明記されているってのはどういう意味だろう…?と。

 何が言いたいかってのをわかりやすくするために、ここで地域決勝の出場枠を確認しておきます。
 もっとも、大概の方には釈迦に説法でしょうし、それに今年の規定はまだ発表されていないのですが。

 去年、地域決勝の参加チーム選出規定は大きく変わりました。
 ポイントは、参加チームが16で固定されるようになったこと。そして、去年の大会に限らず、今後もずっと適用可能な形で規定が打ち出されたこと。

 そこで打ち出された16チームの選出方法はこうです。

 (1)が9チームで、(2)が0〜4チーム。これを合わせた9〜13の枠が地域リーグ選出枠で、それぞれの地域リーグの上位から選出されます。
 あとは(3)〜(5)が各最大1だから、地域リーグ選出枠と合わせると、最大でちょうど16、という具合。

 だけど、「最大で」16なのであって、これに足りないケースが当然あるわけで。
 その場合はこうやって、16に足りない分を埋めることになります。
 なお、(1)〜(5)で16チームに満たない場合は、下記の優先順位で出場チームを決定する。

 つまり、不足分の補充としては、まず全社選出枠を2に増やし、その後さらに地域リーグ選出枠を順次増やす、という方法をとるわけです。

 で、去年、この規定がどのように適用されて16チームが決まったかというと。

 まず(1)の枠で、各地域リーグの優勝9チーム…ノルブリッツ、グルージャ、ゼルビア、パルセイロ、静岡FC、バンディオンセ、レノファ、カマタマーレ、沖縄かりゆし。
 次に(2)の枠の適用は関西・中国・九州の3地域なので、そこから準優勝の3チーム…アイン食品、佐川中国、V・ファーレン。
 (3)(4)は適用無し。
 (5)は全社優勝がパルセイロだったので、準優勝のNECトーキン。

 で、ここまでで13チームにとどまったため、3チームを補充することに。
 というわけで、まずは全社3位のホンダロック。
 残りの2枠は地域リーグ選出枠の増枠に使われるので、全社連登録数の順番で関東・東海に枠が回り、日立栃木と矢崎。
 これで16チームが決まったわけです。
 …その後さらに、NECトーキンが出場辞退したため、ホンダロックが(補充1)の枠から(5)の枠に回り、(補充1)に全社の次点、つまり当初規定では参加資格を持たないはずの全社4位である松本山雅が入ってきて物議を醸したわけですが、その是非云々はここでは話の本筋ではないので省略。

 で、何が言いたいかっていうと、この規定は去年の4月に発表されたわけで、つまり10月の全社よりずっと前。
 その時点で、(2)が3チームにしか適用されないってことはわかってたわけだから、(1)〜(5)で選出されるチームは最大15であることは確定済み。
 だから、(補充1)が適用されて全社選出枠が2になることは確定事項だったわけです。
 だけど、(それが確定したはるか後に発表された)全社の大会要項では、原則を曲げずに、1チームのみに地域決勝の出場権を与える、という書き方をしているわけです。
 2つ目の枠はあくまでも補充だということで。

 んで、もし今年も地域決勝の出場チーム選出規定が去年と同じなら(←この前提が重要ですが)、今年も同様に、(2)が適用されるのは3チームだけ(関東、中国、九州)なのです。
 だから、(補充1)の適用も確定事項。
 ただ、そんな、去年と全く同じシチュエーションなのに、今回は2チームに地域決勝出場権を与えることが明記されているわけです。

 実態に合わせてわかりやすい、といえばそうなのかもしれませんが、でも、地域決勝が「足りないから全社から補充するよ」とするスタンスではなくて、全社の側が「2チーム地域決勝に送りこむよ」っていうスタンス。
 何とも、その変化に何か意味がありそうな気がして、頭から「?」が抜けないのです。


 ついでだからもう1つ、去年の選出規定で未だに曖昧になっていて、はっきりさせた方がいいんじゃない?って思ってる事柄について。
 もし(補充2)の対象チームが(5)の全社選出枠、あるいは(補充1)の補充全社選出枠を取ったらどうなるんだろう?
 端的に言えば、もし去年、日立栃木や矢崎が全社で優勝してたらどうなってたんだろう?ということ。

 去年の全社で言うと、大会前に、ほかの(1)〜(4)のチーム数(合計12)は確定していたわけで。
 だから、たとえ(5)と(補充1)を適用したとしても、(補充2)には少なくとも2枠が回る。
 ということで、日立栃木と矢崎は、全社開催前の時点で「地域リーグ選出枠が増枠されることが確定しており、その増枠分を獲得することが確定していた」わけです。
 そういう意味では、全社開催前の時点で既に「地域リーグ選出チーム」と言えないこともなく、そうだとすると全社選出枠の対象からは外れます。
 だけど、選出規定では、(補充2)よりも(5)や(補充1)の方が上位なわけで、つまり(5)や(補充1)を決定してもまだ余りがあるから(補充2)に枠が回ってくる、というスタンスなわけで、であれば(補充2)ではなく(5)や(補充1)の枠で先に選出されるのが道理。
 …さて、いったいどっちの解釈が正しいのか?
 仮に後者だとしたら、(補充2)の枠はどのチームに回ったのか?
 (補充2)は地域に割り当てられる枠、と考えれば関東や東海の3位チームになるけど、それとも、地域の補充順番で次点だった北海道や北信越の2位チーム?

 もし(3)(4)の適用チームが無いとすれば(そしておそらくは無いと思いますが)、同じような現象が今年も起こります。
 (1)〜(4)の合計が12チームになるので、(補充2)が少なくとも2枠発生することになります。
 その行き先は、今年は関西と東海。
 この2地域の2位チーム(全社の前には確定している予定です)はどういう扱いになるのかな…と。

 長ったらしくなりましたが、まあともかく、地域決勝の要項なり選出規定なりを早く出してくれんかなあ、と思うのです。
 もちろん、誰がどう見ても複数の解釈ができえない、疑問を挟む余地のない形で。
2009/9/8(火)1:15「だからやっぱりそうじゃなくちゃ」
 何の予告も無く、また何の宣伝もせずにトップページにこそっと再開記念Flashを置いてました。(あ、もう撤去しましたんで、探しても出てきませんのであしからずです。ネタは大袈裟にならないように仕込むのが美学だと思ってますんでね。)
 気付いてご覧いただいた方はのべ90人くらいのようで、感謝感謝。
 今回は仕事に追われる中でふと気分転換したくなって適当に突貫工事(実質2晩)でつくっただけの、クオリティとしては今までより落ちるものでしたが、いかがでした?

 ま、そんなわけで再開しました。
 とはいえおいらは7月末からスタジアムには全然行けてないし、今月もたぶん行けないので、まだ再開って気分にはならんのですが、いくら気分にならなくても再開したのは事実だから受け止めなきゃ。

 そんでもって、2ヶ月ぶりに大好きなチームの勝利の報せを聞きました。
 内容は決して勝ち試合にふさわしいものではなかったと聞いていますけど、それでも…暑い中でようやく結果が出せたってのは大きなことなんじゃないかなと。

 まあ、そんな、一喜一憂するどきどきの時間があるっていう現実。

 喜びも、悲しみも、全部受け止めて、地面をしっかり踏みしめて、その立つ場所をしっかり認識して、そんなどきどきの時間を歩いていこう。
 おいらはここにいるから、だからやっぱりそうじゃなくちゃ。
2009/9/3(木)1:27「また1つ」
 9月になったってことは、8月生まれのおいらはまた1つ歳をとったってことで。

 年齢が増えるたびにいっつも思うことだけど、その歳の数に見合う人間になれてるかな?

 ま、そんなん自分でいくら考えたって答えが出るわけなどないのですが。
 何か答えが出るとすれば、それはもう恥ずかしくて消え入りそうなほどの強いNoでしかない。

 けれども、そのNoを強く自覚した上で、少しでもYesに近づけるよう、常に意識して、心がけて、歩いていかなきゃな、と思うのです。
 …Yesになることなんてありえない、とはわかってはいるけれど、それでもね。


管理事務所へ