過去の営業日誌
(2009年7〜8月)


2009/8/30(日)0:41「サービス」
 ふっと、ときどき、サービスを受けることに慣れきってしまってんじゃないか、って思うことがある。
 (ここでいうサービスとは、何かをおまけをつけてくれるとかいう無料奉仕の意味ではありません。)

 もちろん自分だけで生きられるわけもないから、何だかんだといろんな面でいろんな人からサービスを受けているわけで、それは誰しも当たり前のことなのだけど。
 ただ、その関係性は…サービスをする側と受ける側との関係ってのは何なんだろう?
 思いっきりドライに考えれば、カネを払うことで隷属させる、ってことではあるのだけど。

 では、それをサッカーに当てはめると?
 有料試合というサービスに当てはめると?

 …ときどき、ともに戦う、なんて言葉に強烈に感じる違和感ってのは、その言葉が本来もつ感情の深さと、同じ口から発される言葉のドライさとのギャップから生まれるものなんだな。
2009/8/29(土)1:01「疲れているのは確かですが」
 10日もほったらかしましたが、一応、元気ですよ、ええ。
 ただ単に、日誌を書くことに疲れてるだけで。

 やっぱ、outputとinputのバランスがとれてないとうまく生きられない。
 んでまあ、本業では最近ものを書くことが非常に多くて…。
 ということで、仕事以外のoutputに気持ちが向かわないってことかと。

 まあ、だからどうというもんでもないんですが。
 どうであれともかく、無理はし過ぎず、だけど今のままじゃ足りないってのもわかってるからしっかり前向いて、歩いていく…そんだけのことです、はい。
2009/8/19(水)1:29「選ぶってこと」
 総選挙、公示になりましたねえ。
 何かだいぶ前から始まってたような感覚があるのですが、こうやって候補者がででんと出揃って、投票所の入場整理券も届いて…ってなるとやっぱりほんとに始まったってのを実感しますな。

 選挙ってのはいつだって、自分のいる街や国の将来を動かす出来事。
 だからはっきり言って、「政権選択選挙」なんていう言い方が平気で使われるのは、おいらにとっては首をかしげざるをえないこと。衆議院議員選挙ってのはいつだって政権選択の機会じゃんよ。
 ただ、逆に言えば、政権選択に、つまり国の将来に一番大きく影響する選挙であるってのは間違いないですな。

 まあ、正直なところ…1票差で当落が決まるようなことってめったに起きないから、つまり、おいらが投票に行くか行かないかで当落の結果が変わることなんて、たぶん無いと思うんですよ。
 おいらには1票の権利があるけれど、1票の力って、やっぱりその程度のちっぽけなもんであると思います。
 どうしたって、全有権者1億400万分の1でしかありませんから。

 だけど、ちりも積もれば山となる、っつう言葉をおいらは知ってるし、幾度となく体感してる。
 だから、いくらちっぽけとはいっても、この1票、バカにするもんじゃないと思う。
 1票をちっぽけだからとバカにして、それでその結果できた山にぎゃーぎゃー文句つけるのは、やっぱ滑稽だしね。
 おいらはそんな恥知らずなことはできませんわ。

 1人じゃ何も動かないけれど、大勢の力で未来はいかようにでも動かせる…つまり、今向いている方向をそのままにもできるし、変えることもできる。
 それを選ぶのは、ちっぽけな1人1人の集合体たる1億400万人。
 そのリアリティを、ね。

 しっかりアンテナを張って、自分の頭で、大事なこと、そうでないこと、しっかり見定めて、ちっぽけなおいらの力を票に込めようと思っています。
2009/8/13(木)23:51「恥です。」
 あーあ、あーあーあー、もう…。

 この試合、勝ち以外は恥だと思わなきゃいけない試合のはず。
 相手が17位だから、ということを完全に差し引いて、それでも…たとえ相手が首位だったとしても。

 どういうモチベーションで、どんだけ準備してきたのか。
 つまり、そこを疑わなくちゃいけないってことよ。

 そんなもん、か。
2009/8/9(日)1:30「受け止めるだけではあるが、」
 まあ、その、昨晩書いたように、どんな結果が出ても受け止めるだけですし。
 十分想定内です。こんなもん、こんなもん。
 夢の島18時の試合でダメ試合(と、信頼できる筋から聞いています)ってのはどうよとも思うけど、まあ、ね。

 知りもしないことを勝手にあーだこーだと決め付けて"評論"されるのは大嫌いなので、逆においらも細かいことは言いません。
 ただまあ、その、悔しさがあるならもっと頑張って頂戴。
 負けてもいいけど、やることはやったっていう感覚がないまま負けるのはやっぱりやりきれない。

 何か、試合終了後の写真を見てると、そんな気がして、何ともね。
2009/8/8(土)0:24「しばらく休みます。」
 繁忙期もようやく峠を越して、とりあえずそれなりにやりきって週末を迎えました。
 …なのに、仕事とは関係ない理由で、明日の夢の島ナイターは欠席です。とほほ。
 というか、しばらく生観戦はお休みせざるをえない状況で。
 復帰戦は、早くても9月27日の鳥取遠征です。
 最後の生観戦が7月26日だから、少なくとも2ヶ月開くことは確定なのですが、こればかりは仕方ない。
 やるべきこと、しっかりやんなきゃ。

 んなわけで、まあ…だから、おいらは信じるだけ。
 で、どんな結果が出ても受け止めるだけ。

 ただ、あの北九州での笑顔があるってことは、希望は十分持っていていいと思うのです。
 だから、うん、どうか、頑張って。

 今度こそ、本当に、満面の笑顔で、ね。
2009/8/4(火)1:11「笑顔の理由」
 引き分けって、やっぱり捉え方は難しいんですけど。

 だけど、今回、試合終了後の写真を見せてもらって。
 笑顔。

 勝ってもないのに笑顔ってアリかよ?という声もあるかもしれないけど…、おいらとしては、選手が心から笑顔でいられる試合なら、アリ。
 そしてそういう試合ができたってことは、少しは安心していいということなのでしょう。

 もちろん、先週に続いての連続失点なんて、何やってんだよ、って言うしかない。
 今回もいともあっさり集中を欠いたと聞いています。
 どうしたんだかね。

 ま、でも、そんな大きなマイナスがありながら、それでも笑顔でいられるってことは、それ以外の面で十分やりきったっていう実感があるからなのでしょう。
 上位に挑むっていう形の試合でそうできたってのはいいことなんでないかい。

 1だけとはいえ勝ち点はとれたのだし、変な声もある程度は黙らせられたわけだし、OKOK。

 ただまあ、現実として、3試合続けて勝ってないわけよ。
 だから、次こそは。

 3位とはいえ、大混戦の中でほんのちょっとリードしてるってだけのこと。
 だから、うん、次こそは。
2009/8/1(土)2:06「8月突入」
 結局オフィスで8月突入の瞬間を迎えた新右衛門です。こんばんは。

 明日、というか今日は北九州戦。
 もう試合日なのか、っていう感覚がするのは、1週間がとても慌しく過ぎたからなのか、日曜→土曜で普段より1日試合間隔が短いからなのか。

 …ってんで、5月3日に北九州に勝った後の日誌を読み返してました。

 あのときは…ええ、苦しみはしたけれど、いい試合ができました。
 だけど、そうであるにもかかわらず、結局今はそのとき倒した北九州の後塵を拝する形になっています。

 もちろん、それが不当だなんて言うわけではありません。
 ただ、北九州の試合をあの1回だけしか見てない身としては、正直、不思議。
 でも、いくら不思議がってもこれは現実なわけで、ということは、あのときとは違うと思っておかないといけないんでしょうね。

 こちらが存分にいい試合をしたとしても、力負けすることもあるかもしれない。
 ま、それは覚悟してます。上位に挑む試合ですもん、そのくらいは覚悟しておかなきゃ。
 もちろん、そんな不安だけじゃなくて、期待も存分にあるのだけど。
 いくら前節がダメ試合だったからって、今度もダメ試合になると決まったわけじゃあるまい。

 残念ながら今年も北九州遠征はお休みです。
 お休みする以上、言えることも限られるのでしょうけど、どうか2位を奪い返して帰ってきてくれますように。

 たぶんまあ、こちらに浴びせられる声は、「勝て!」より「負けろ!」の方が大きいのでしょう。
 北九州を応援している人がそうなるのは当然ですが、それだけじゃなくて、一般的にも。
 であれば…そういう声など蹴散らして、凛としてぶつかっていかなきゃね。
2009/7/31(金)1:48「まだまだ繁忙期」
 まっすぐ、まっすぐ。
 力不足を思い知ることが次々と襲ってきて、だったら、その分頑張るしかないのだな。

 どんと構えてまっすぐ突き抜けていく強さと、ふっと立ち止まって周りを見渡す広さと。
 両方、しっかり、少しでも高いレベルで。

 今のまんまじゃ足りない。もっともっと、本気で、頑張んないと。

 うわべだけのエセでは居たくない、おいらは。
2009/7/27(月)5:15「投げる」
 言うべきことではないのかもですが、おいらは、後半25分で、試合を投げました。
 この試合負けたな、とあきらめました。

 後半25分というと、一気に同点ゴール、逆転ゴールと浴びてから10分経ったところ。
 その10分で、このチームにもう追いつく気力は無い、と見切ったわけです。

 何でかっていうと、その10分間、ピッチから聞こえてきた声は9割以上が印刷の選手のものだったから。

 たしかに、うまいサッカーをしてはいました。
 前期と違って、きれいな連携で崩しにかかるシーンもいっぱいありました。
 チャンスもそれなりにありました。
 シュート数では19-14(前半4-4、後半15-10)。CKの数だと12-2(前半4-1、後半8-1)。
 その数字の印象どおりの試合でした。

 だけど、(印刷さんに失礼な言い回しかもしれませんが)、驕った強者と、一生懸命な弱者との試合だったら、やっぱりおいらは後者に勝ってもらいたい。
 サッカーってもちろん必ずそうなるもんじゃないけど、おいらは後者が勝者になるべきだと思う。
 まして、後半25分の時点でリードしていたのは後者なのです。
 そりゃ、もう、ね。投げるしかないでしょう。

 んでまあそのとおりに、結局はその後"一生懸命な弱者"が直接FKを叩き込んで追加点を挙げて勝ちました。
 時間かせぎも一切せず、正々堂々と最後まで、3分余りのロスタイムまで含めてしっかり集中して戦い抜いてのきれいな勝利でした。
 試合が終わった直後の印刷イレブンの顔が何ともうれしそうでね、そりゃもう痛快だったろうな、と思うのです。

 一生懸命な弱者が、驕った強者を倒した。
 やっぱり、そんな試合は見てて気持ちいいのです。
2009/7/22(水)23:04「よりによって」
 まあ、社会人ですからこういう時期もあります…。
 もうやることが多すぎてぐったりあるよ。

 よりによってこんな時期に、明日から1泊2日の出張で…。
 その2日、会社にいられたら状況はかなり楽になるのだが。ああううう。
 思い通りにはいかんもんですね。はああ。
 まあ、社会人ですからしかたないです。

 んなわけで、木・金曜は更新をお休みします。
 まあ、社会人ですからこういうこともあります。
 あしからず…。

 んで、その出張の行き先ですが、

 よ り に よ っ て 大 分 で す 。

 …(仕事とはいえ)旅行だっつうに、なーんかテンションだだ下がりなんで、大分市陸の下見でもして憂さ晴らししてくるあるよ!
2009/7/17(金)2:09「とりあえず」
 ばたばたして全然日誌を書ける状態じゃなくて、ずいぶんほったらかしました。
 まだそんな状態が続いてるんですけど、とりあえず、元気でやってます。

 いよいよ週末は首位決戦ですね。
 勝ち点差は6だから、勝ってもすぐに首位を奪えるわけではありません。
 だけど、これが3に詰められるのか、6のままなのか、はたまた9に広げられるのか、この差はでかいわけで。

 十分勝てる相手だとも思うし、ただ、ここんとこずっと、こんなもんじゃないだろう、と言いたくなる試合しか見られてないから不安なのは当然。

 でもまあ、とにかく試合は休みなく毎週来るんだから、どんな状態であれ、どーんとぶつかっていくだけ。
 今度の試合があって、その次は印刷、と、前期連敗した相手との試合が続くわけで、ここ、正念場。
 頑張っていきましょう。

 しばらくアウェーはお休みせざるをえない状況ですから、今回も祈るしかないのですけど…どうか、笑顔で帰ってこられますように。
2009/7/11(土)1:52「繁忙期[2]」
 日帰りで大阪に行ってました新右衛門です。
 いやー、慌しかった…。
 何だかんだで慌しくて、すっかり当スタジアムも更新滞ってしまいまして、すみません。

 しばらくまだまだ慌しいのですけど、とりあえず週末は切り替えていかなきゃ。
 3週ぶりのホームゲーム。
 星が上がらない相手とはいえ、簡単に勝てるわけないのは言うまでもありません。

 今度こそ、みんなですっきり笑えますように!
2009/7/8(水)1:36「繁忙期」
 いろんなことでばたばたしていて、更新が遅れております。すみません。

 これからしばらくは(来週くらいまでは)本業がばたばたするので、遅れがかなり頻発すると思われます。
 いや、そんなに大きなヤマがあるわけじゃないのですが、重ならなくてもいいいろんな仕事が見事に重なってどばっと押し寄せてきてる感じでして。
 おいらもサッカーだけで生きられるわけがない身ですので、ご容赦を。

 そんなこんなしてる間に、武蔵野はとりあえず連敗脱出。
 内容については良い話も悪い話も聞くのですけど、まあ、現地に行ったわけでも試合の映像を見たわけでも、もちろん超能力を持つわけでもない身ですから、憶測でものを言うのはやめましょう。
 とりあえず、結果が出せたってことを素直に喜んで、んでしっかり気を引き締めて、これからに臨んでいきましょう。

 サイトの更新は滞りがちになるのかもですが、少なくとも土曜のホームゲームには顔を出しますので。
 考えてみたら、ロック、鳥取、MIOと、ホームは3試合続けて勝ってないのですよね…。
 武蔵野陸上ともしばらくお別れになるわけだし、その前に一発、勝っておきたいやね!
2009/7/4(土)2:24「道」
 まっすぐ、まっすぐ。

 何が事実で、何が推測なのか、しっかり区別できて認識できていれば、道を踏み外すことはない。
 下から目線と上から目線、外から目線と中から目線、しっかり区別できて自分の立ち位置を認識できていれば、とんちんかんな言動にはならない。
 他者の言葉に耳を傾け、咀嚼し、自分と比較し、そしてその言葉に理路整然と向き合えれば、友人としての信頼を損なうことはない。

 まっすぐ、まっすぐ。
 言葉、行動というものの重みをしっかり心に留めて。

 まっすぐ、まっすぐ、凛として、道をしっかり踏みしめて、歩いていこう。

  ◆◆◆

 土日はサッカーとは関係ない別の活動の関係でお泊まりです。
 パソコンは持っていきませんので、日曜の夜(というか、おそらくは月曜未明)まで更新はストップします。
 あしからずです。
2009/7/3(金)0:48「長崎写真レポート」
 こんばんは。
 …いえ、ちょっと本業でばたばたしていて、サイトに手を付けられるような状況でなかったのでほったらかしになっておりました。
 落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。はい。

 んなわけで、今更ですが長崎遠征記念の写真。
 切り替えて、でもこの悔しさは忘れるまいぞ。

 敵地到着。
 山の上です

 試合前の挨拶。
 電光掲示板のメッセージありがとうございました

 試合が始まったら雲が低くなってきて雷が鳴り出しました。
 雲が…

 先制点を食らったシーン。人数はそろっているのにこんなにフリーにさせてどうするよ。
 CKに長崎#4加藤が頭で突き刺す瞬間

 前半終わり頃にはこんな状況に。
 後ろの山はもう見えません

 後半にはそれなりに攻め込むシーンもありました、が、
 長崎GK近藤のパンチング

 完敗でした。
 どうしようもありません

 天皇杯出場が決まったことは知っているはずですが、喜ぶ者、誰一人として無し。
 そりゃそうだ

 来週は行けませんが、どうか勝って帰ってきてくだされよ。


管理事務所へ