過去の営業日誌
(2009年4月)


2009/4/30(木)0:58「それ無理」
 ……話にならんわ!

 おいらの感覚では、「試合見に来るんじゃなかった」ということはありえません。
 だって、どんな試合だろうが、大好きなサッカー集団の現状ですからね、それは受け止めなきゃ。
 ただ、けれど、「見る価値の無い試合だった」ということはありうると思っていて。
 ええ、そういうわけで、はい、今季初めて、見る価値の無い試合でしたね。

 スコア的には前節と同じ0-2ですが、その意味は全く違ったと思ってます。
 しっかりやりたいことをやろうとして、それでも相手が上手で、結局決定力の差で惜しくも敗れたのが前節。
 今回はもうどうしようもありません。あれだけ走れなかったら、そりゃ勝たせてくれる相手なんていやしませんって。
 確かに試合間隔が短いのである程度は仕方ないのはわかっちゃいますが、それにしてもね。
 んでもって簡単に裏をとられる、と。
 間違いなく今季のワーストゲームであり、点差以上の惨敗でした。

 …はあぁ。
 こういうときでも何とか信じ続けるのがおいらのやるべきことなんでしょうが…。
 あの試合から、何かポジティブな要素、見つけられるか?

 うん、それ無理。
2009/4/27(月)2:31「涙雨」
 負けてしもうたよ。
 まあでも、スコアこそ0-2ですが、そのスコアからイメージされるほどの負けではなかったし…特に前半は互角以上にやれてましたしね。
 100点満点とは言わないまでも、力を発揮できたかなと。
 だけど、結局SAGAWAの方が上手だったわけで…きっちり試合をマネジメントできてたな、と。
 前半のやり方でダメ、となったら後半にきっちり修正する。
 それがうまくいったってことなんだわな、と。
 あんだけうまいサッカーされたら仕方ないすな。

 さて、会場にいた方はおわかりだと思いますが、この試合、期せずして追悼試合になりました。
 おいらにとっては、武蔵野に関わり始めてからずっとお世話になってた方。
 駒沢での開幕戦でもいろいろお話ししたのだけど、まさかそれが最後になるとは…。
 ショックは大きいです、やっぱり。

 だからこそ、余計に、勝ちたかったけどね。
 大荒れの天気でびしょぬれになるわ、入場者数も伸びないわ(観衆281人は5年半ぶりの不入り、特に武蔵野陸上開催では史上ワーストになってしまいました)、ほんとに散々。
 まあ、勝負とか天気とか、そんなんは自分の意向でどうこうなるもんじゃないから、しょうがないんですが。

 次の試合も近いし、切り替えて、次勝ちにいきましょう。
 おいらは29日は太陽が丘→万博(J1・G大阪×FC東京)のハシゴの予定です。
2009/4/24(金)23:45「雨降り」
 夜に入ってから雨が降ってきました。
 明日は大荒れみたいですね…。
 試合の時間はまだそれほどでもないようですが、終わった後はけっこうひどいようで…。

 まあ、でも、試合は待ってくれないんですよね。

 うん、頑張る。
 それしかできないんだから。
2009/4/23(木)0:52「旅の思い出2」
 旅の思い出その2。
 旅行中に乗った乗り物を順番どおりに全部Upします。(ただし、最初の写真の前と最後の写真の後の東京近郊の電車は省略で。)

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

 こうやってみると、我ながらよく乗ったもんだ…。
 ついでに、交通費は全部で21170円。
 もちろん決して安い金額ではありませんが…こんだけ乗れて、2試合観られて、うち1試合では格別の勝利も味わえて、っていう対価としてなら十分でないかな?と。
2009/4/20(月)23:53「旅の思い出」
 旅の疲れでぐったりして逆に熟睡できたのか、妙に体がすっきりしている新右衛門です。こんばんは。

 とりあえず、ほんとに現地行ってた証拠ということで、しばらく写真をいろいろUpしていこうかなと。
 まず今晩は試合の写真です。

 【18日:J2・仙台 1-0 栃木】

 宮城スタジアム外観

 試合終了後

 試合終了後:栃木挨拶

 試合終了後:仙台挨拶

 【19日:JFL・TDK SC 0-2 横河武蔵野FC】

 試合開始前挨拶

 試合中1

 試合中2

 試合中3:必死のクリア

 それにしても、仁賀保のスタンドって、一番前に行くとほんとに臨場感ありますねー。
 前に来たときは後ろの方に陣取っていたので…うかつでした。
 ここまで迫力あるのは、行ったことあるJFLスタジアムの中では都田くらいかな?西が丘よりも上だと思います。
 芝もきれいだったし(適度に雨が降るなど、天候にも恵まれたようですね)、一気に好きになりました。
 屋根が無いので雨が降ると大変なのが難点ではありますが。

 最後はやっぱりこの写真で。
 前回書いたように、反省してほしい点もある試合でしたが、それでもやっぱり、この瞬間は素直に喜ばなきゃ。
 特にここは多勢に無勢の、JFL最北の敵地。こんな状況で迎えるこの瞬間は格別ですねっ。

 試合終了後:武蔵野挨拶
 (クリックすると縮小前のサイズで表示されます。)

 あらためて、ほんとにありがとうございました!
2009/4/20(月)2:04「2-0」
 無事帰宅しました新右衛門です。こんばんは。

 いやー、苦しい試合だった…。
 スコアだけ見れば前後半1点ずつとって0に抑えて2-0、と快勝のように見えます(で、なぜか見てないことまでわかる不思議な能力を持った方々は快勝だと言うのでしょう)。
 けど、後半の頭から2点目をとるまでの30分ちょっとは…正直、次の1点が入るならTDKだな、と思う試合でした。
 JFL公式の記述によると、後半のシュート数はTDKが上回っていたようで…うん、たしかにそうだったし、内容的にもその数字相応のものだったと思います。
 眞行寺、池田、千野…ほんと、サイドをえぐってくるTDKのメンバーは怖いわ。
 かろうじて、中に走り込むFW(富樫、横山、菅原)を抑え込んだので何とか0で済んだ試合でした。

 ほんとはねー…前半でカタをつけられる試合だったはずなんですがねー…。
 まあ、それができなかったってのは今後の課題としていただく方向で。
 ただ、かろうじてとはいえ、あの攻撃を0で耐え切ったってのは大きいと思いますよ。

 ともかくも、頑張ってくれたおかげで、いい気分で帰途に就くことができました。
 選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
 写真もいっぱい撮ったのですが、とりあえず眠くなってきたので、掲載は後日ということで。
2009/4/19(日)0:49「酒田にて」
 こんばんは。酒田市内のホテルから新右衛門です。
 なんかこう、ネット接続が不安定なもんで、思うように更新ができずちょっとじりじりしているのですが…。
 おかしいな、去年泊まったときは特に問題なかったと思うんだけどな…?

 あ、でも今日1日は楽しかったです。
 宮城スタジアムへ行って、仙台へ戻った後は古川、鳴子温泉、新庄と乗り継いで酒田まで陸羽線を踏破してきました。
 …と書こうとして、小牛田〜古川間が抜けていることに気付いたので"踏破"は撤回。
 試合は…守備的に前半をこなした栃木が後半勝負に出て、まあ結果的にはそれが裏目に出たわけではありますが、意図が明確に伝わるいい試合でした。

 明日は予定どおり、酒田から仁賀保に出て、観戦の後は新潟経由で帰ります。
 鳥取が引き分けたということで、明日勝てば勝ち点で首位に並ぶ…スコアによっては鳥取をかわして首位に立てるチャンス。
 まあ、仮に首位に立ったとして、6試合の時点でそれがどんだけ意味を持つかっつう話ですが。
 だけどまあ、負けるより引き分け、引き分けより勝ち…ですしね。

 ってことで、明日も楽しんできまーす。
2009/4/18(土)0:09「久しぶりに旅支度」
 うむ、準備準備…。
 泊まりがけでサッカーに出かけるのは去年の11月始めの岡山・北九州以来かな?
 ってことは、5ヶ月ぶりかあ…そりゃ、ずいぶん久しぶりだなあ、って感覚になるのも当然だわな。

 チケットも最低限のものは確保したし、宿も押さえたし。
 久しぶりなので、何か忘れてないかな…って不安は消えませんが、まあ大丈夫でしょう。

 明日ははやて・こまち9号で仙台入りして、宮城スタジアムでJ2の仙台×栃木戦を観戦し、その後山形・新庄経由で酒田まで行って泊まる予定です。
 宮城スタジアムからの帰り、仙台駅までどのくらいかかるか読めないのが難点ですが…。
 おまけに隣の体育館では夜から倖田來未のライブがあるようで、うーん、かなりの混雑になるのだろうなあ。

 ま、アクシデントがあったとしても、それを含めて旅行であります。
 サッカー旅行はいつだって、楽しみなもんです。ええ。

 ともかく、早起きしなきゃいけないんだし、とっとと準備して早く寝ないと…。
 宿はネットのつながるところを選んだので、アクシデントが無ければ、明晩は酒田市内のホテルから更新します。
 んでは。

 あ、そうだ、日付変わったので…、

 今日はJFL10歳の誕生日です。
 今までいっぱい楽しませてくれたことに感謝を込めて、Happy Birthday Dear JFL!
2009/4/16(木)2:48「ここ数日の雑感」
 近所のスーパーへ買い物に行ったらかき氷のシロップがででんと並べてあってたまげた新右衛門です。こんばんは。
 …確かに暖かい日が続いていますが、いくらなんでもそれは早すぎではなかろーか?
 いや俺様はもうかき氷食ったZe!って方、います?

  ◆◆◆

 "個性"とか"自分らしさ"とか、よく言われるけど。
 他人は他人、自分は自分、ってのは、そのどっちでもなくて、ただのジコチューですな。
 本当の"自分らしさ"ってのは、他人のことをしっかり理解して、その上で自分はどうするか、って考えることで出てくるもの。
 単に他人に無関心なだけであることを"流されない生き方"とか"自分らしさ"などと言われても、鼻で笑うしかないんだわな。
 この辺りよくごっちゃにされるってのは…どうしたもんですかねえ。

  ◆◆◆

 とりあえず、こないだの週末の写真でも載せてみませうか。
 土曜の分と日曜の分と、1枚ずつ。

 武蔵野×町田@それなりに桜のきれいな武蔵野陸上

 ベレーザ×FC高槻@西が丘

 今度の週末は、土曜宮城スタジアム、日曜仁賀保、のハシゴを予定しています。まだきっぷとか宿とか全然確保してないですが。
2009/4/15(水)0:55「ロースコアの意味」
 何となく感じてる方もいるかもしれませんが、今季はやけにロースコアの試合が多いと思いません?

 そんなことをふっと感じて、調べてみたら、なるほど確かに。
 第5節まで終わった現段階で、全チームのゴール総数は88。
 45試合で88点だから…1試合平均で1.956点。1チーム1試合平均だと1点を割ってるわけだ。これは少ない。
 念のためと思って、過去の第5節まで終わった段階のゴール数を全部調べたら、こんな感じ。カッコ内は1試合平均です。
1999年
65
(3.250)
2000年
98
(3.267)
2001年
125
(3.125)
2002年
150
(3.333)
2003年
92
(2.300)
2004年
125
(3.125)
2005年
120
(3.000)
2006年
132
(2.933)
2007年
106
(2.356)
2008年
126
(2.800)
2009年
88
(1.956)
 近年だいたい減少傾向にあるとはいえ、その中でも突出した少なさですな。
 試合数が同じだった2002年と比べて4割以上の減少であり、試合数が今の3分の2しかないはずの2000年の数にも届いてない。

 んでは、こういう数が出たっていうのはどういうことなのかなと。
 ただの偶然か、それとも何か理由があるのか。

 おいらは…まあもちろん想像の域を出ないのですが、後者だと思ってます。
 まだ6チーム5試合しか見ていませんが、まず守備をしっかり固めて…っていう戦い方をする場面を多く見るようになったなあ、と。
 ほかのチームも含めて全体にそういう傾向になってるのであれば(と仮定せざるをえないので想像の域を出ないとしか言えないわけですが)、ゴールが減るのは当然のことですわな。

 んでは、もしそうだとして、そういう傾向になるってのはなぜなのか。
 ただの偶然か、それとも何か理由があるのか。

 これもおいらは後者だと思っています。
 要は、その方が勝ち点を稼ぎやすい、っていう判断なんじゃないかなと。
 だって、何点とっても負けるときは負けるけれど、0点に抑えれば少なくとも負けることはない。
 それどころか、首尾よくカウンターを決めるなどすれば、勝つこともできる。
 だから、そういう方向に走るチームが出たとしても不思議はありませんわな。

 では、そうだとして、それはなぜなのか。
 ただの偶然か、それとも何か理由があるのか。

 おいらは1つ、おぼろげに思っていることがあります。
 まだまだ、考えは固めきれてないですが。
 周りの見方や意見、観戦の感想なども聞きつつ、仮説(ここまでに書いた分も含めて)を検証してみたいなと。
 …そういうことをするのは必然的に、サッカーを肴に酒を呑むときになるのであって、ええ、そういう時間と空間があるってことは幸せなことです。
 んでもってそうやって、これはなぜ、これはなぜ、って芋づる式に検証を進めていって、その結果の一貫した理解を持つことが、おいらには必要だと思うし、そうできればとても幸せだと思うのです。

 んでまあともかくも、もし守備的な傾向ってのが事実であれば、そんな中で"突破"を掲げるのは、よりハードルが高くなるわけで…。
 ま、だからこそ"突破"しがいがあるってもんなんでしょうね。

 …おいらも、まだまだ大して力になれてはないですが、頑張って"突破"せにゃあな。
2009/4/13(月)0:53「Derby, huh?[2]」
 あー、よかった。
 この文を読むような方ならご承知とは思いますが、町田戦、勝ちました。

 仕事で前半はホーム側のゴール裏にいたので、2得点は遠目にしか見えなかったのですが、1点目はとかく素晴らしかったのはよくわかりました。
 左をいつものように#35斎藤が駆け上がっていって、おっ、いいぞ、どうするかな、と思ってたら…そこから打つか!と。
 んできっちりゴール右上に突き刺しちゃうんだからすごい。あれは恐れ入った。
 やっぱり、チャンスと思ったらどんどん積極的にいかなきゃね。
 んで、2点目も…太田と誰かのワンツーみたいな形で崩したのかな?うまく翻弄できてたように見えました。

 ただ、正直、前半を2得点で終えるような試合ではなかったはず。
 一気にゴールの嵐を浴びせて前半で息の根を止めることもできたはずなんだが…そこは反省願いたく。

 それに、それが響いたのか、後半はちょっと…それじゃ困るよ、ってな試合でしたけどね。
 ジェフ戦の前半よりも悪かったと思ってます。
 どこがどう悪いのか、何でそうなったのか、よくわからないだけに何とももどかしいのですが。
 まあ、数的不利な局面をつくられても、戻ってきたDF陣が落ち着いて対処できていたので、何とか0で抑えたわけで、それは良かったと思いますけどね。

 ともかくも、"絶対に負けられない!"と意気込んで乗り込んで来た相手を、上回る内容で返り討ちに仕留めたわけで、ええ、ほっとしました。
 "ダービー"とかいう因縁などを抜きにしても、今回の町田さんのパフォーマンスを(ちょこっとですが)見た限りでは、勝てねば困る試合だったとしか言えないわけで、それを勝てたってのはやっぱりほっとする出来事。

 んでもって、うれしい出来事。

 ここまで何回も書いてきたように、このチームの持つ力が十分に発揮できているとは思っていません。
 ここまで5試合全部見てますが、その点で十分だと思った試合は1つもありません。
 だけど、その可能性の片鱗は確かに明らかになっているわけで…、それに、ここまでの5試合ってのは34試合中の5試合なわけで、一番大事なのは34試合終わったときにどうなのか、そして来年以降にどうつながるのか、ってことだし。
 それを考えたら、今はまだ、そんなにどうこう言わなくてもいいのかな、と。
 試合の目標を事前にしっかりマネジメントして、試合後にその目標に対して十分できていたという評価ができるなら、それでOK。
 その評価はもちろんチームが為すべきことで、だからおいらがどうこう言えるわけない。
 と、そんな当たり前のことに先日ようやく思いが至ったので(反省)、今回は素直に勝利を喜ぼうかなと。

 良かったことも悪かったことも、全部しっかり反省して、次も頑張っていきましょう。
 あー、ビールが美味い♪

 …などとやってた結果、へろへろになって帰宅即ばったりになってしまったので、朝まで試合結果をUpできなかった、ってな次第です。
 失礼しました m(_ _)m
2009/4/10(金)23:59「Derby, huh?」
 今日も今日とて桜吹雪。
 午後ちょいと外出して、オフィスに戻ってきたら、後輩君が、新右衛門さん、頭に花びらがついてますよ、と。
 …頭がお花畑ってのはこのことですな。あっはっは。

 そんなこんなで町田戦前夜。
 やっぱり昨晩書いたとおり、"ダービー"って煽られれば煽られるほど、いやそう言われても…って気持ちは強くなりますわ。

 だけど、言葉がしっくりこないってだけであって、勝ちたい気持ちがいつも以上に強いのは確か。
 いつもどおりやることしっかりやる。そんないつもどおりの光景を展開して、そんでみんなで笑う。
 んで、うめー酒を呑む^^。
 目指すのはいつもと変わらず、そういうこと。誰がどう煽ろうがね。

 明日はいつもの試合よりも早起きしなきゃだし、早く寝ないとな。
 だけど、あー、楽しみ。寝付けるかな。(子供かよ!)

 んなわけで、頑張っていきまっしょう♪

  ◆◆◆

 なお、その次の日曜(12日)は、関東大学とどっちにするか迷ったのですが、西が丘でなでしこ1部の開幕戦・日テレベレーザ×スペランツァFC高槻を見てきます。
2009/4/10(金)0:48「一番大事なもの」
 桜吹雪!

 午後は風が強くて、おかげでオフィスの部屋からきれいな桜吹雪が見られました。
 いやー、思わず見とれてしまった。
 おいら、ソメイヨシノは桜の中ではそれほど好きな方ではない(一番いいのは枝垂れか八重!)のですが、このときばかりはめっちゃ美しいと思うのです。

 さて、そんな桜が残ってるか散ってるかわからない武蔵野陸上での試合まであと2日。
 監督対談の記事も出たりして、ええ、"東京ダービー"に向けて着々と準備が進んでます、って感じですな。

 だけど…何だかな。
 おいら、実のところ、"東京ダービー"?あっ、そう。ぴんとこないな。ってのが正直な気持ちでして…。

 確かに、東京都内に本拠を置くチーム同士の対戦であり、しかも全国リーグの舞台は今季唯一のそのような対戦である、ってのはわかってます。
 わかってますがね…。

 最大の理由は、"東京ダービー"ってのは佐川東京とやってたああいう試合なんだ、っていう意識が未だに頭の中にあるから。
 ただ、こう言うだけだとただの懐古ですわな。
 んー、もうちょっと正確に言うと…佐川東京との東京ダービーは、おいらから見れば郊外が都心に(言い換えれば、多摩が特別区部に)挑むっていう図式があったわけで、それがないのに東京ダービー、まして首都ダービーなんて…というのがあるのです。
 それに、武蔵野の街と町田の街とに特別に因縁があるわけでもないし。

 んでもって、そんなような違和感が、いろいろ煽られることで余計に増幅してるのかもしれません。

 やっぱりご近所のチームだし、絶対勝っておきたい、って気持ちは確か。
 でもそれは…仮に相手の本拠地が町田の隣の相模原(神奈川県)だったとしても、この気持ちの度合いは同じだろうね。
 それから、Jを目指すチームには勝っておきたい、って気持ちも確か。
 ただ、それは鳥取や北九州や長崎に向ける気持ちと同じ。
 …ってなわけで、東京だからってのはほとんど感じないんだなあ。

 だけど。
 そんなふうに感じてるってことは、少なくともおいらにとっては今度の試合が「34試合中の1試合」よりはるかに大きい意味を持ってるってこと。
 それは間違いなく、素直に思う。

 きっと、土曜の武蔵野陸上、めったにないくらいの賑わいになるんだと思う。
 大好きなチームの試合が、それも34分の1より大きな意味を持つ試合が、そんな空間の中にあるということ、想像しただけでわくわくする。
 そして、そんな空間の中で、めいっぱいやることやってみんなで笑いたい。

 何ともうまく言えないけど、そんだけのこと。
 "ダービー"だろうが何だろうが、一番大事なのは、いつもと変わらないそんだけのこと。

 そんでもって、"ダービー"という言葉にひかれて武蔵野陸上に足を運んでいただいた人たちに、その"ダービー"という言葉を取っ払ってなお心に残る何かを残せたら、この試合、大成功だと思うのです。
2009/4/7(火)1:18「満開間近」
 我が家の近所でも桜が満開に近づいてきました。
 都心じゃもう満開で、土日は公園とか花見客でごった返したみたいですけど(結局日曜もそれなりに天気良かったですね。)、都内っつっても西の方はやっぱり若干遅くなるようで。
 でも木によってはもう散り始めてるのもあって、ええ、桜吹雪が好きなおいらとしては、もうすぐかな、とわくわくなのです。

 今度の週末までもってくれるといいんですけどねえ…。
 桜咲く武蔵野陸上、とってもきれいですもん。
 こんな中で試合が観られるってのはとても幸せ。と、去年ほんとに思ったもので、今年もそうなるといいなあと思うのです。

 前回の日記であんだけこき下ろしておいてそれか?と思われるかもしれませんが…、喜怒哀楽いろいろありつつも、好きっつう気持ちは変わるわけがないのです。
 もちろん、そう口にするっていうのは、口にしたその好きって言葉に対しての責任を負わねばならないわけで…ええ、そこは常にしっかり気をつけて歩かねばならんのですがね。
2009/4/4(土)19:34「どうしたもんだか」
 …。

 ……。

 だめだめじゃん。

 後半に走り勝って試合をものにする。
 たぶん狙いはそうだったんだろうし、実際そのとおり走り勝てたと思うのですよ。
 だけど、もしそういう狙いだったとしても、前半がひどすぎる。
 何がひどいって、DFラインとその前がぽっかり空いてるから、そこを支配されてしまうってこと。
 そこをすっ飛ばして放り込むしか攻撃の手が無いし、さらに奪われた後あっという間にカウンターを始められてしまう。
 んで結局、開始わずか8分、その空白地帯に放り込まれたボールにつられて中盤が下がりDFが上がり、そこでクリアが空振りになったのをかっさらわれて、金沢に1対1をきっちり決められて失点。

 その後もとにかく落ち着きが無い。
 何をどうしたいのかわからず、ピッチの上が混乱しているように見えました。
 ボールの支配率は上だったと思いますが、攻めようにも、ジェフが徹底してプレスをかけてきたのを崩せず、突破口が無くボール回しを重ねるだけ、という状態。

 追いついたのは34分。
 右からのFKがGKのブロックなどで左に流れ、これを追いかけていた瀬田が後ろから倒されてFK。
 場所は左コーナーとPAの左手前隅との中間くらい。
 ここから岩田が蹴ったのが、混戦の中で微妙にコースを変えながら右サイドネットの中に流れていきました。
 …しかし…正直、瀬田へのファウルとの判定は…確かに後ろから接触はしてるけれど、どうだったんだろう?

 その後しばらくは、ジェフの守備陣が慌ててミスを連発したので、さほど脅威は感じませんでした。
 で、後半からは、まあまあ…ジェフのプレス(特に前線)ががくんと落ちて余裕を持って守れるようになったこと、さらに後半途中からは岡の投入でジェフの守備陣を振り回せるようになったおかげで、互角以上に戦えました。
 それでも、中盤が上がりすぎて、ロングボールできれいにその裏をとられて数的優位をつくられたのは何回かありましたけど、まあそれは結果オーライで。

 だけど、サッカーは90分で何対何っていう競技なんだから…いくら後半勝負っつっても、前半をうまくマネジメントできなきゃ話にならんのよ。
 確かに前半を終えたときのスコアは1対1の同点。だけど内容がひどすぎる。

 試合の4割くらいの時間だけだったとはいえあんな姿を晒してしまったってのは、希望が持てないことですよ。
 どうしたもんだか…。

 まあ、こんなんでも負けずに済んだ、っていう、プラス思考で行くしかないんだろうな。

 ところで…この試合、悪かった時間帯に、ミスを連発し位置取りも不明瞭だしで一番ブレーキになったと思うのは、前回のアウェー高崎戦と同じ選手です。
 できる人だってのはわかってるし、実際活躍してくれてた人なんだけど、こんな状態でも試合に出さざるをえないほど選手層が薄いとは思えんのですが…?
2009/4/3(金)22:51「市原で花見」
 週末。
 東京はたぶん、今週末が桜の見ごろです。
 んで、日曜は天気が崩れる予想…なので、明日が一番の花見日和ってことになりますか。

 市原臨海の公園、桜ってあったっけかな…。
 桜のきれいな頃に行ったことが無いので、よくわかってないのです。

 まあでも、桜よりも、いい試合が見たいやね、ほんとに。
 開幕3戦無失点という事実の実態は何なのか、そしてそれを崩せるのか…しっかり見てきたいと思ってます。

  ◆◆◆

 今後のスタジアム出没予定。
 今週は市原の1試合だけです。
 来週は、土曜は間違いなく武蔵野陸上、日曜は未定。
 その次は…ビッグスワン(J1新潟×広島)か宮城スタジアム(J2仙台×栃木)と仁賀保とのハシゴを検討中。
 できれば宮城スタジアムの方へ行ってみたいけど、そこから仁賀保への移動をどうするか、ってのがなかなか悩ましくあります。
2009/4/1(水)0:33「年度魔U」
 年度末であります。
 …と書こうと思ってふっと時計を見たら、ありゃ、0時回っとるがな。
 そんな感じで実に曖昧な2009年度突入を果たした新右衛門です。こんばんは。

 年度末というと社会人的には、いろんな物事の〆めだったり、人事異動があったりという季節ですが、おいらのプロジェクトの実質的な〆めはとっくに終わっとるし、異動も無いし、近くでの大きな異動も無いので、おいら自身は特段の変化は感じません。
 だけど…明日(というか0時回ったので今日ですが)になれば、また1つ若い世代がやってくる。
 と考えると、うむ、もっとしっかりせにゃあな、と思わされるのです。

 新年度からは大きなプロジェクトに首を突っ込むことになるし、少なくとも旧年度よりは忙しくなりそうですが、仕事の面でも、サッカーの面でも、可能性を広げる出来事があるような気がしていて、何かこう、面白い1年になりそうな…。
 …というか、「なりそうな」じゃなくて、そうなるようにしなきゃいけないんですけども。

 うん、頑張るぞっ、と決意を新たにする年度末。
 …じゃなくて、もう年度始めなんだがな。
 とりあえず、まずはトップページの背景画像を入れ替えてリフレッシュするかね。


管理事務所へ