過去の営業日誌
(2007年3月)


2007/3/31(土)23:37「サクラ色」
  恋しくて目を閉じれば
  あの頃の二人がいる
  サクラ色のあなたを忘れない ずっとずっとずっと
    ――サクラ色/アンジェラ・アキ

 …いや、最近お気に入りの曲から歌詞を引っ張ってきたところで、別にこの歌詞のような経験があるわけじゃないんですけど。
 でも、そんな私でも、サクラ色って言葉にはちょっとどきっとするわけで。
 それほどまでに桜ってのは特別な樹だということなのかもしれません。

 ってことで、今週がちょうど見頃のはずだし桜を楽しんでこよう、と思い立ち、サイクリングしてきました。
 せっかく中央線沿線に住んでるんだし…ということで、行ってきた先は小金井公園。
 …って、公園に正面から入っても、名所と言うほどきれいじゃないよなあと思っていたのですが。
 桜広場というところがあると知ってそっちに向かっていったところ。

 小金井公園の桜広場

 うわあ!
 これは確かにすごい!

 写真でどれだけ伝わるかわかりませんけど、とにかくサクラ色。
 行ったかいがありました♪

 …いや、別に仕事とサッカーだけで生きてるわけじゃないし。
 たまにはこういう時間もなきゃ。
2007/3/31(土)1:30「年度魔U」
 どこの閣下かと小一時間(略)。

 まあそういうわけで、年度末ですんで、送別会とかいっぱい。
 年度末のまとめの仕事もいっぱい。
 おまけに年度末とは関係ないところで大きな仕事が降ってきて。
 昨晩は帰宅したら1時半でした。
 風邪気味はどうにか1晩で治ったのですが、おかげで疲労困憊です。
 やっぱり、コンピュータの不審な挙動を相手にするのは疲れます。
 エラーが出るなら出るでまあかまわないんですが、同じ状況で同じことをやらせたのにエラーになったりならなかったりというのは正直手に負えません。

 今日はそのコンピュータを使って仕事したのですが、まあ現時点としては十分なものが見せられたかなと。

 午前中に出先でのその仕事を終えてビルを出ると、朝の大雨はどこへやら。
 言葉どおりの抜けるような青空。

 そんなこんなでばたばたした最後の週もどうにか済んで。
 終わってみれば充実した1週間だったかな。

 その充実感があれば、週末のサッカーもいつも以上に楽しめる!
 さーて今週末のスケジュールは…。

 …次の試合は水曜日だYo(#`Д´)!

 ま、しょうがないんで、明日は都知事選の期日前投票にでも行ってきます。
 当日は試合だから投票行けないですし。
 ついでにどっか適当にふらふらと桜でも見に行こうかなと。
2007/3/28(水)0:55「きょうの天気」
 晴れのち頭重時々ふらふら。

 …あい。見事に風邪気味です。
 たまっていた疲れがどばっと出たものと思われます。
 あるいはここんとこの三寒四温にやられたのかもしれません。
 ネットラジオの放送もお休みさせていただいて、今晩は養生します。

 久しぶりの日誌のくせに全くもって後ろ向きな話で申し訳ございません。
2007/3/19(月)2:06「Yes! We got GOAL!」
 このまま引き分けなのかなー、って思い始めていた、後半41分。
 縦パスに、やや右寄りの位置で相手DFラインからすっと飛び出したのは、試合途中からトップに入っていた大多和。
 オフサイドぎりぎりのように見えたけど、後でビデオを見返してみると、明らかにオフサイドは無し。
 ――ああ、どっかで見たような光景。
 そうだ、去年の11月の刈谷戦。
 残り9分で均衡を破った、あのとき。
 ――攻める向きは違うけど、まさしく、あのときのような快足。

 そして見事に、彼の小さくループのかかったシュートはGK新沼の頭上を越えてゴールに飛び込んだのでした。

 うれしかった。
 思う存分叫ばせてもらった。

 正直、ハーフタイムの時点で、前半の惨状が信じられないでいたのだけど。
 その試合が、こんな形で終われるなんて。

 自分の仕事の面では、うまくいった!と思う点もあった半面、まだまだ改善していきたいところも出てきたように感じてます。
 ただ…正直、これは経験を積むしかない。
 初めてだからってのを言い訳にするのはよくないけど、でも、自分で自分の様子を評価できない事柄である以上、いろいろ試行錯誤して、いろいろ周りに聞いていきながらでないと、進歩できないですから。

 何はともあれ、決してほめられる試合ではないけれど、それでもとにかく開幕勝利をありがとう。
 そして私は――、スタジアムにいらっしゃる皆さんと、そしてチームの皆さんと、ともに歩める声を目指して、これからも何回かあるだろう機会に向けて頑張ります。
 それがどんな声なのかってのは具体的にはまだ見えないけど。

 そんなわけで、新右衛門、本日、スタジアムDJ本格デビューを果たしました。
 ――Yes! We got GOAL!
 これから、何回でも、機会のある限り、叫びたい。

 喜び、怒り、悲しみ、楽しみ、これから始める8ヶ月半、いろんな感情がスタジアムにあふれるのでしょう。
 そして私は…その感情とともに今年も進みたいと思っています。
2007/3/18(日)2:42「開幕前夜」
 久しぶりにたんすから取り出した、スタッフジャンパー。

 …虫に食われてました。

 というのはまあ冗談ですが。

 でも、そうなっててもおかしくないくらい、ずいぶん長いことしまってあったような、そんな気分でおります。
 そして、ついにこれをまた着る日が来ました。

 今年のチームはどうなんだろう。
 勝てるんだろうか?
 やっぱり、不安でいっぱいです。

 …でも、それはそれとして、今、とてもわくわくしてます。

 私たちのサッカーが始まる。
 それだけのことなのに…いや、"それだけのこと"って言葉で片付く問題じゃないってことなんでしょうね。

 何はともあれ、ここから始まります。
 行きましょう。舞台へ。

 武蔵野のホームゲームのときは、スタッフとして、たいてい入場ゲート付近に立っている私ですが、今回は駒沢にいらっしゃる皆様に直接開幕のご挨拶をすることはできなさそうです。
 その代わり、別の形で皆様のおそばに居させていただきます。
 熱く、楽しく、幸せなスタジアムであるために。
 がんばります。
2007/3/17(土)1:36「3周年のご挨拶」
 ということで、こんばんは。
 何の因果か、開幕直前に富山へやって来た新右衛門です。
 雪は降っても積もってもないですがとかく寒いです。
 18日、特に遠征で富山へ行かれる予定の方は十分な寒さ対策をなさることをおすすめします。

 さて、長らく日誌を放置しておりましたが、どうにかこうにか、まとまった時間がとれたので、まともなことを書いてみようかなと。

 となれば、まず最初に記すべきは、3周年のご挨拶でありましょう。

 もう半月も経ってしまいましたが、去る3月1日、当スタジアムは無事3歳の誕生日を迎えました。
 この1年でご来場いただいた方はのべ10万7千人余り。
 1年目が約7万人、2年目が約8万4千人ということを考えると、だんだん増えてきてるということになるわけで、このこと自体は大変光栄に思っています。
 …もちろん、ご来場者数を増やすためにサイトやってるわけじゃないのではありますが。
 アクセス数を上げることを目的化してしまっているサイトやblogにろくなものはございません。

 まあともかく、これからも、JFLデータサイトとしてやれる限り歩み続けていきたいと思っております。

 …と、ご挨拶としてはこう申し上げるべきところではあるのでしょうが、実のところ今の私は、最後の1行を本心から出せません。

 データって、何なんでしょうか?

 例えば。
 昨年のロッソ熊本の成績を例に挙げますが。
 前期の17試合の成績が、得点27、失点13。
 後期の17試合の成績が、得点37、失点26。

 得点も、失点も、前期から比べて後期はかなり増えています。
 では、それは何故なんでしょう?
 守備力が下がって攻撃力が上がったってことなんでしょうか?

 3年前、当スタジアムを立ち上げたときの私は、そう説明できると思っていました。
 だけど、今思うのは、そう言うことに意味などほとんどないってこと。

 失点が増えて、得点も増えた。
 それは事実。
 でも、それは何の表れかっていうと…はっきり言って、真実は私には何もわからない。
 システムを変更した、DFに怪我人が出た、FWが増強された、サイドバックがよく上がるようになった、ぱっと思いつくだけでもありうる要素はいろいろ。
 あるいは、相手の戦術が変わったとか、ホーム・アウェーのかみあわせ、審判のジャッジといった、自チームとは関係しない外的要因の影響もあるかもしれない。
 そこまで含めて攻撃力とか守備力って言葉があるのかもしれないけど…そうだとしたら、それらの言葉はあまりにも漠然としすぎてて、論じる対象としては大して価値を持たなくなりますよね。
 では、これらのうち事実はどれなのか。
 …それは、最高のデータである公式記録からですら、わかりえるものではありません。
 わかる手段はただ1つ、試合を見ること。

 こんな感じで、結局データから何かを読もうとしても、想像以上に限界は近かった。

 だけど。
 羽スタを始めて3年。
 この3年で、データとJFLとの関係が、どうも変な方向へ進んだような気がするんですよね。

 それは、データでJFLを理解しようとする動きが出てきていること。
 データを知ってればJFLを知ってることになる、という考え方が増えてきていること。
 少なくとも私は、これを実感してます。
 そして、そんなの絶対違う、とも自信を持って言えます。

 3年前に羽スタを始めたときから、私は、データはJFLを楽しむ肴であるべき、と申し上げていました。
 今でもそれは変わりません。
 データが主役であるはずなどなく、主役は、ピッチの上で、あるいは外で、一生懸命な心が繰り広げる事柄たち。

 もっとも3年前は、それは漠然とした考え方でしたけど、今は確信を持って、そう思います。

 そして、そんな事柄たちを楽しみ、あるいは熱くなる、その感情にデータが何らかの形で寄与できたら、というのが私のスタンスです。

 JFLを理解するとはどういうことなのか。
 だから絶対、それはデータを知ることじゃない。
 もちろんそれも1つなんですけど…大前提は、JFLの舞台をつくる、あるいはそれを取り巻くたくさんの人たち(もちろんその中には、各チームを応援している人たちも含まれます)の気持ちを理解すること。
 それぞれがどのような想いでこのJFLの舞台に臨んでいるのか。
 データとは、その想いに彩りを添えるものの1つに過ぎません。
 私はそう思います。

 スタジアムへ行く頻度によらず、そこを貪欲に理解しようという姿勢が無ければ、JFLを理解することは不可能でしょう。
 もちろん逆に、スタジアムへ行かなくても、想いを存分に感じることは可能だと思います。
 アンテナさえ、しっかり立てていれば。
 ただ、アンテナを立てるというのは絶対、データを知ることでは無いはず。
 データなんて、その点でも無力なんです。

 だからもし、私がここでやってることが、データの力をそのように必要以上に崇め奉る風潮に加担してしまっているのであれば、それは悲しいこと。
 そして、そう加担しないための方法がもし他に無いならば、私は羽スタにかけたデータサイトという看板を下ろすことに躊躇しません。

 さあ、どうする、私。

 だけど、"JFLの舞台に臨む人たち"の何人かからは、とても楽しみにしてます、というお言葉を実際に頂戴していて…これはほんとに私の想いが伝わってるってことで、すごくうれしい。
 そういう方々が居てくださる以上、簡単にやめるのも申し訳ないことです。

 簡単に結論が出る話では無いのでしょう。
 であれば、それまで私にできることは、私の想いをめいっぱい伝えること。

 4年目。
 ひょっとしたら、転機なのかもしれません。
 ただとにかく、どうなろうと、羽スタはこれからも、JFLの舞台に臨む人たちの想いに寄り添って歩み続けたい。
 もちろんまだまだ、その想いを私が理解しきれてるかというと、足りないところもきっとあるんだろうと思ってます。
 でもとにかく、めいっぱい、このことだけは強く望んでいます。

 何だか3周年のご挨拶っぽくないご挨拶になってしまいました。
 まあでも、何だかんだ言っても、新しいシーズンがもうすぐ始まることにわくわくしている私が居ます。
 きっと皆さんもそうだろうなと思います。

 そんな皆さんから、そしてJFLという舞台から、たくさんの力をいただけていること。
 その幸せを噛みしめながら、逆に自分が思うこと、為すことが何かでお力になれることを願って、4年目を歩んでいこうと思っています。
2007/3/14(水)1:43「2週寒鰤」
 いや、そりゃ鰤は好きだけどさ。
 いくらなんでも2週もずっと鰤ってのはないだろうによ。

 と、極めてくだらねー始まり方で2週間ぶりに日誌を記す新右衛門です。こんばんは。

 なんで2週間も放置してたかっていうと、年度末で仕事が忙しくなってたり、そんな中でむちゃしてFlashを作ってたり、そういうわけで、日誌を書くということにまで気力が至らなかったからでして。
 正直、日誌を書くってのは、真面目にやろうと思うととてもエネルギーが要る作業です。
 まして今は、投げっぱなしのネタもあるし、3周年のご挨拶もまだ済んでないし、だからそこらへんを済ませないままでてきとーに近況報告なんかするのもどうなんだろうと思って、ここまで日誌が滞っていたしだいです。

 …と思っていたのですが、そうこうしてるうちに2週間が過ぎて、気がつくと開幕戦も目の前まで近づいてきて、そんな状況でそういうこともいい加減言ってられないなと思い至りまして、とりあえずてきとーではあるんですが生存報告だけしようと思って、今日日誌を書くしだいです。

 まあ、そんなわけで…ちょっと忙しくて疲れ気味ではあるんですが、私は元気です。
 むしろ、何だかんだ言っても、ちょっとつらいくらい忙しくしている方がいいのかもしれません。
 その中でこそ成長できることもあるのでしょうし。

 言いたいことがいろいろあってもそれを言葉にする時間がないもどかしさはあるんですけど…、まあ、その辺はおいおい。
 とりあえず、日曜になれば楽しいサッカーの時間がやってくる。
 それを楽しみに、今週を乗り切ろうと思ってます。

 ってことで、土曜の夜まで出張で富山市に行くにもかかわらず、日曜はもちろん駒沢に行きますよ。


管理事務所へ